お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

膝の痛みの原因の大半は軟骨の擦り減り

ロコモティブシンドロームのきっかけが膝の痛みであったという人は多いようです。
高齢化を反映して、膝の痛みが原因で病院などで治療を受けている人は年間200万人ほどにもなっています。
しかし、膝の痛みで悩んでいる人は1800万人以上と推定され、65歳以上に限ると3人に1人にもなります。
それだけ治療を受けずに、痛みをこらえて生活している人が多いわけです。

膝には、普通に歩いているだけでも体重の2~3倍、階段の上り下りでは、3~4倍、ジャンプをすると5倍以上もの負荷がかかっています。
それだけに膝痛は体重が多い人のほうが多く、その症状も強くなる傾向がありますが、日本人は筋肉がつきにくいために膝に負担がかかりやすくなっています。
膝痛は中年以降に急激に増え、男性に比べて女性は2倍以上も発症しやすいです。

その理由としては、女性は膝関節を支える筋肉量が少なく、しかも中年以降になって急に体重が増えることが多いために、膝への負担が過剰になることが挙げられます。
特に女性は40歳頃に体脂肪が増えやすく、以前は痩せていたのに急に太って、そのあとは痩せないということが多くなっています。

太ったために膝が痛くなると、歩く機会が減り、それが益々太る原因となり、さらに膝痛が強くなるという悪循環が起こるようになります。

膝痛の原因の大半は老化によるものですが、そのほとんどは変形性膝関節症によって痛みが引き起こされています。
大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)が触れ合っている膝関節は、それぞれの骨頭の表面が軟骨になっていて、非常に滑りがよく、クッション役をしています。
大腿骨の軟骨は約7mm、脛骨の軟骨は約5mmとなっていて、軟骨の滑りは氷の5~8倍も滑らかだといわれています。

この軟骨が刺激を受けることによって擦り減ると、関節の骨と骨とが直接当たるようになります。
軟骨には神経細胞がなく、擦り減っただけでは痛みを感じることはありません。
しかし、軟骨が大きく擦り減ると、骨の神経が刺激されて痛みを感じるようになります。
こうして膝の痛みの第1位となっている変形性膝関節症が起こっています。

骨が強い刺激を受け続けると、軟骨が減ることによって骨の表面がささくれ立った状態になります。
ささくれが大きくなるとトゲ状になって、触れ合っている反対側の骨の神経を刺激するようになり、膝を折り曲げて座ることや、階段の上り下りも困難になってきます。
軟骨にも破壊する細胞と作り出す細胞が存在していますが、破壊する細胞は活性酸素が多く発生することによって働きが促進します。
軟骨を守り、再生を活発にするためには、活性酸素の消去も大切になってきます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝