お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

日本人の肥満タイプと遺伝子の関係

肥満の原因は食べ過ぎと運動不足にあるとされています。

食事と運動は自分の意思でコントロールすることができるため、努力によってはダイエットに失敗するはずはないとも思われています。
しかし、他人と同じだけの努力をしても結果が出ない人も少なくありません。
「痩せの大食い」の人がいる一方で「小食でも太る」人がいる大きな原因として遺伝子の違いが考えられています。

遺伝情報を子孫に伝える遺伝子の中で、肥満に関連する遺伝子は40種類以上が発見されています。
肥満遺伝子の多くはエネルギー代謝に関わるものであり、その中で日本人に多いものとして3種類の遺伝子の研究が進められています。

体脂肪の蓄積が多くなると、食欲を抑え、エネルギー消費を亢進する働きがあるホルモンのレプチンが多く分泌されるようになります。
レプチンが正常に分泌され、適切に働いていれば脂肪細胞に中性脂肪が蓄積されすぎることは起こりませんが、レプチンが分泌されても、それに反応するレプチン受容体が働きにくく、食欲が抑えられなくなることがあります。

その抑制をしているのは肥満遺伝子もしくは倹約遺伝子と呼ばれるβ-3アドレナリン受容体遺伝子です。

β-3アドレナリン受容体遺伝子は、運動などによって脳から興奮ホルモンであるアドレナリンが分泌されても、体脂肪を分解しにくくさせる働きがあるため、内臓脂肪が蓄積されやすく、運動しても痩せにくくなっています。
β-3アドレナリン受容体遺伝子タイプの人は、体脂肪の分解が進みにくいことに加えて、インスリンの分泌量が少なく、血糖値が上昇しやすい特徴もあります。
糖が多く含まれる食品を食べると、ブドウ糖が肝臓で中性脂肪に合成されやすく、内臓脂肪として蓄積されやすいです。
このタイプは日本人の約30%が相当し、1日の基礎代謝量は200kcalほど低くなっています。

日本人に特に影響を与えている肥満遺伝子として、β-3アドレナリン受容体遺伝子のほかに、脱共役タンパク質1遺伝子とβ-2アドレナリン受容体遺伝子があげられます。

β-3アドレナリン受容体遺伝子タイプは、一般には りんご型肥満と呼ばれ、糖質を摂ることで内臓脂肪が蓄積されやすく、腹部から太っていく特徴があります。

脱共役タンパク質1遺伝子タイプは、脂肪の代謝が低いために皮下脂肪がつきやすく、下半身から太っていくことから洋なし型肥満と呼ばれます。
脂肪の代謝が低いために余分な脂肪が皮下脂肪として蓄積されやすく、下半身に蓄積されやすい特徴があります。
日本人の約35%が相当し、1日の基礎代謝量は100kcalほど低くなっています。

β-2アドレナリン受容体遺伝子タイプは、体脂肪が蓄積されにくく太りにくい体質ではありますが、筋肉がつきにくいためにバナナ型肥満と呼ばれます。
ここタイプはエネルギー代謝が低いために、太ると痩せにくい特徴があります。
若いときには痩せていましたが、現在は太っている人に多くみられます。
日本人の約20%が相当し、1日の基礎代謝量は200kcalほど高くなっています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝