お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

飲酒していなくても脂肪肝の危険性

肝臓に脂肪が過剰に蓄積される脂肪肝の人は日本では約3000万人で、成人の3人に1人に達しています。
脂肪肝は肝臓の中に中性脂肪が過剰に蓄積した状態を指しています。
内臓脂肪は脂肪が内臓の周りを取り巻くようについていますが、脂肪肝は肝臓の細胞の1つ1つに中性脂肪が入り込んだ状態になっています。

フォアグラはガチョウに過剰に栄養を与えて肝臓に脂肪を蓄積させて肥大させたもので、脂肪肝はこれと同じ状態といえます。

肝臓には余分な脂肪を蓄積する働きがあり、血液中の中性脂肪が減少したときには肝臓から放出される仕組みです。
通常は肝臓には3~5%の脂肪が含まれていますが、5%を超えると脂肪肝とされ、中には30%を超えている例もあります。
脂肪が蓄積した肝細胞は正常に機能しなくなるために、肝臓の機能だけでなく、全身の機能にも影響が出るようになります。

脂肪肝になっても自覚症状はほとんどありませんが、肝臓からは脂肪が血液中に流れ出し、血栓ができやすくなり、動脈硬化への変化が着実に起こっています。
脂肪肝の人は動脈硬化による心疾患や糖尿病などになる確率は2倍以上になるとの報告もあります。

肝臓に中性脂肪が蓄積されることを知ると、中性脂肪が多く含まれる食品を避けるようにすればよいと考える人もいますが、実際に中性脂肪の蓄積に大きく影響しているのは、食事で摂った糖質の量です。
中性脂肪は、食事によって摂った糖質のうち余分となったものを材料にして肝臓で作られています。
そのため食事量が多くなると血液中の中性脂肪が増え、肝臓の中に蓄積される中性脂肪も増えていくようになります。

アルコールを摂取すると肝臓での中性脂肪の合成が促進され、脂質代謝が低下するために肝臓に脂肪が蓄積されていきます。
また、肥満の人は、脂肪細胞から脂肪酸が血液中に多く放出され、この脂肪酸を原料にして肝臓で中性脂肪が合成されていきます。

脂肪肝は一般には飲酒によって起こりやすいものですが、まったく飲酒していなくても脂肪肝となる人が増えています。
その話の前にアルコール飲料を習慣的に多量に飲む人がなるアルコール性脂肪肝について見ていくことにしましょう。
アルコールを多く飲むと肝臓での中性脂肪の合成が増加し、脂質代謝が阻害されるために肝臓に脂肪がたまっていきます。

アルコール性肝障害の危険度は、それまでに飲んだアルコールの総量に比例する傾向があります。
肝臓が障害を受けるアルコール量の目安として、日本酒にして毎日3合以上のアルコールを5年以上飲んでいる常習飲酒者は脂肪肝、肝繊維症を発症するケースが多く、日本酒に換算して毎日5合以上のアルコールを10年以上飲んでいる大酒飲者は肝硬変の危険性が高いといわれています。

また、1日に飲む酒量は少ない場合であっても、これまでに飲んだアルコール量(積算飲酒量)が500kgを超えると肝硬変の危険性が高まります。
日本酒にして3合を毎日飲んでいると20年間で、1日5合なら12年間でアルコール量が500kgとなります。
1日1合であれば50年間でも500kgには達しません。
ただし、アルコール性肝障害の進展は個人差が大きいため、酒量が多くないからといって油断はできません。

また、女性は男性よりも肝臓が小さく、加齢によって重量が小さくなりやすく、肝機能も低下しやすいため、女性は男性よりも早く肝障害が進むといわれています。
女性は男性の半分の酒量でも肝硬変になる可能性があるため、少量でも習慣的に飲酒している場合には肝機能の数値に注意する必要があります。

アルコール飲料を飲まない人に起こる脂肪肝は、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD : nonalcohlic fatty liver disease)と呼ばれています。
NAFLDの多くは、食べ過ぎや運動不足で余ったエネルギーが中性脂肪となって肝細胞にたまった過栄養性脂肪肝で、肥満、糖尿病、脂質異常症などが原因となっています。
肥満はNAFLDの大きな原因であり、BMIが25以上の肥満者では高頻度に脂肪肝がみられ、受診者の20~30%は脂肪肝があります。
脂肪肝は男性に多く、30~54歳では20%以上にみられます。

女性では、男性に比べると脂肪肝は少ないものの、50歳をすぎて閉経を迎えると徐々に増加していきます。
女性ホルモンには皮下脂肪をためる作用があるために中性脂肪もコレステロールも増えにくいのですが、女性ホルモンが不足すると内臓脂肪がたまるようになり、肝臓にも脂肪が蓄積するようになります。

脂肪肝は太っている人だけでなく、やせている人でも起こります。
脂肪肝の患者のうち20%は太っていない人となっています。
糖尿病が脂肪肝を起こすためであり、そのほかにも急激な体重減少、食事によるタンパク質不足なども脂肪肝の原因になっています。
急に栄養不足になると、飢餓状態へのリスク対策で、肝臓に脂肪を多く溜め込むようになるからです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝