お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

善玉菌のエサを増やして悪玉菌のエサを減らす方法

腸の中には1000種類以上、約1000兆個もの腸内細菌が棲みついていて、その重量は 1~1.5kgにもなります。
これらの腸内細菌の多くは回腸から大腸に存在しています。
腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、腸内の環境によって善玉菌にも悪玉菌の働きをする日和見(ひよりみ)菌の3つに大きく分けられています。
バランスが良い腸内環境では「善玉菌20%:悪玉菌10%:日和見菌70%」の割合だといいます。

善玉菌はビフィズス菌やフェカリス菌、乳酸桿(かん)菌などの乳酸菌類が代表的なもので、悪玉菌はウェルシュ菌や大腸菌、腸球菌、赤痢菌など数多くの種類があります。
簡単にいうと、人間にとって良い働きをする物質を作り出すのが善玉菌、逆に良くない働きをする物質を作り出すのが悪玉菌という分類となっています。

腸内細菌の種類と数については100種類以上、約100兆個といわれていた時代があり、続いて300種類以上、約300兆個といわれ、今では1000種類以上、約1000兆個とされていますが、これは日本人の腸内細菌の数が増えたわけではなく、研究が進むにつれて種類と数が確認されるようになったからです。

腸内細菌の総数は ほぼ決まっていて、善玉菌が増えると悪玉菌が減り、逆に悪玉菌が増えると善玉菌が減っていきます。
善玉菌は発酵を進めて腸内の酸性傾向を強めていきますが、悪玉菌は酸性の環境に弱く、アルカリ性の環境には強いので善玉菌が多くなるほど悪玉菌は減っていきます。

腸内の状態はトイレで、自分で確かめることができます。
善玉菌が多い人は腸内での発酵が進むために、便の色は黄色くなり、臭いも弱くなります。
また、便の量も増えて、軟らかくなります。
それに対して悪玉菌は腸内での腐敗を進め、アンモニアや硫化水素、スカトール、インドールといった有害物質を多く作り出します。
便の色は黒く、臭いが強く、量も少なく、硬くなります。
また、悪玉菌が多いと便秘や下痢を起こしやすくなります。

善玉菌が増えて酸性度が高い環境になると、日和見菌も善玉菌に変化していき、悪玉菌が減るため、さらに善玉菌が優位になっていきます。
逆に、悪玉菌が増えてアルカリ性傾向の環境になると、日和見菌も悪玉菌の役割をするようになり、善玉菌が減るので悪玉菌が優位になっていきます。
日和見菌が70%を占めるということは、善玉菌が優勢になると日和見菌が善玉菌の役割をすることになり、多くが善玉菌というような状態になっていきます。
その逆に、悪玉菌が優勢になると日和見菌が悪玉菌の役割をするようになって多くが悪玉菌というような状態になりますので、善玉菌を増やすことが重要になります。

赤ちゃんは善玉菌が非常に多くなっているものの、離乳期を過ぎると悪玉菌が増えていきます。
特に増えるのは悪玉菌の代表であるウェルシュ菌で、これは中高年から老年にかけて大きく増えていきます。
その一方で、善玉菌の代表であるビフィズス菌は減っていって、悪玉菌が優勢になっていきます。
その理由としては、加齢による腸内の酸性度の低下が関係すると考えられています。

若いときには胃液と十二指腸での腸液の分泌が盛んになっていますが、年齢につれて徐々に分泌量が減っていきます。
胃液と腸液は強酸性で、分泌量が多いと胃と腸の中は酸性に保たれています。
善玉菌は酸性の環境に強く、悪玉菌は酸性では活動が弱まっていきます。
胃液は小腸下部では薄まっていくため、そこから大腸にかけては悪玉菌が増殖するようになっています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝