お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

日本人の腸の長さが弱点になる

「日本人は腸が長い」ということは今では常識として語られています。

腸が収まっている胴体の長さは、欧米人と比べて、体のサイズが小さな日本人の方が短いです。
ところが、日本人は小さな胴体の中に、欧米人よりも1.5~2mも長い腸が詰まっています。

日本人の腸の長さは全体で7.5~8.5mあり、そのうち小腸が6~7m、大腸が1.5mとなっています。
日本人は歴史的に食物繊維が多い食品を食べてきたことと、低エネルギーの食事をしてきたことが、その理由として挙げられています。

低エネルギーの食事だった時代には腸の長さは利点だったものの、今のようにエネルギー量が高い肉食が増え、多くの量を食べられるようになった時代には逆に欠点となっています。
腸が長いと腸壁の面積も広くなるため、吸収力もよくなっています。

食事で摂った栄養素の90%以上は小腸から吸収されています。
胃で消化された食塊(食べ物を口に入れた時に噛み砕き、唾液と混ぜ合わせて出来た飲み込む前の塊のこと)が通過する腸管内腔側には輪状ひだがあり、絨毛(じゅうもう)の構造になっています。

絨毛の管腔側の細胞は上皮細胞といい、ここには細い毛のように伸びた突起の微絨毛があります。
こういった構造によって同じ太さ、長さの管と比較すると、その表面積は輪状ひだで約3倍、絨毛で約30倍、微絨毛で約600倍にもなっています。

こうように複合的に ひだ状になっていることで食塊と接触する面積を広くして、効率的に吸収できる構造的になっています。

小腸が単なる管だったとすると内部の表面積は約0.4m²でしかありませんが、小腸の表面積は約200m²と、シングルスのテニスコート1面分(約195m²)と同じくらいの面積になっています。

このような構造のため、低エネルギーの時代には、少しでも多くのエネルギー源を効率的に取り込むことができたものの、腸壁の面積が広いことでエネルギー源の糖質や脂質を取り込むことになるため、食べた量の割に血液中に入ってくる糖質や脂質の量は多くなります。

さらに、日本人は低エネルギーの食事から多くのエネルギー源を取り込めるように、分解や吸収に関わる酵素の働きを強めて、吸収率も高めてきました。
面積が広くて、さらに吸収がよければ、同じだけの肉食をしても血液中の脂肪も、脂肪細胞に取り込まれる脂肪も増えるようになります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝