お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

日本人は咀嚼力と消化力が弱い

日本人は消化力が弱いために、消化を助ける口腔の健康が大切になります。
その決め手になる歯の健康と噛む力の維持は、日本人の健康を左右する大きな要因となっています。

現代人は早食いだ、とよく言われます。
かつての食事に比べて、食物繊維が多く含まれる野菜などを食べる機会が減って、噛むのに時間がかからなくなった一方で、肉類や脂肪の摂取量が増えた消化に時間がかかるようになったからです。
消化力が弱い日本人にとっては、胃液を補う消化液である唾液の分泌は重要で、唾液を多く分泌させる咀嚼は年齢を重ねても消化力を低下させないために大切です。

ところが、日本人は仕事や学業、遊び、休憩などに少しでも時間を割こうとして、咀嚼にかける時間をおろそかにしがちです。
咀嚼とは前歯の切歯(せっし)と犬歯で粗噛みしたものを奥の臼歯で細かく噛み砕き、磨り潰していくことを指しています。
食べ物が口の中に入ってきたときには、まず粗噛みを7~8回して、それから10回以上は噛むのが通常の咀嚼の状態で、咀嚼をしてから飲み込むことで消化も進みやすくなります。

2歳児は誰に教わることもなしに一口につき平均17回は噛んでいるといいます。
軟らかなものを食べている子供でさえ17回なので、硬いものを食べている大人なら30回以上は当たり前のように噛まなければならないでしょう。
しかし、実際には多くても7~8回でしかなく、軟らかなファストフードやハンバーグ、カレーライスなどでは4~5回くらいと粗噛みの段階で飲み込んでいる人が多いようです。

このような食べ方では胃液の少なさを唾液で補うことが出来ずに、食品に含まれる栄養素が分解されにくくなるために吸収も悪くなりかねません。
よく噛んだ場合に比べると10%ほども栄養吸収率が低下するとの報告もあります。

噛む回数の推移については、様々な報告がありますが、弥生時代の日本人は1回の食事で約4000回は噛んでいたといいます。
鎌倉時代には約2500回、江戸時代には約2000回になり、第二次世界大戦前には約1400回、食べるものが大きく変化した戦後には600回くらいになり、今では300回を下回る人も少なくありません。

噛むことのメリットは、消化吸収の促進から虫歯の予防、生活習慣病や認知症の予防、免疫力の強化など全身の健康に及んでいることが判明しています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝