お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

肝機能の低下がLDLコレステロールを増やす

血液中のコレステロールは、通常では食事に由来しているのは約20~30%で、残りの70~80%は肝臓で合成されていることは前の記事で説明しました。
肝臓が正常に機能していれば、食事で摂るコレステロール量が多くなった場合には、肝臓で合成されるコレステロールが減り、血液中のLDLコレステロールが増加しすぎないように調整されています。

しかし、食べ過ぎや過剰な飲酒などでエネルギーの摂り過ぎが続き、肝臓の負担が増すと調整能力が低下して、肝臓で合成されるコレステロール量が増え、LDLコレステロール値が上昇します。
また、食生活の欧米化によって肉食や脂肪の摂取量が増え、魚介類を食べる回数が減ったことや、肥満、運動不足も血液中のLDLコレステロールを増やす原因となっています。

さらに加齢によって肝機能が低下すると、調整能力は大きく低下していきます。
日本人は欧米人に比べて肝臓が小さく、また肝臓に負担をかける有害物質(農業、食品添加物、重金属、揮発性有機化合物など)を多く摂っている場合も多く、肝臓に負担がかかっているだけに、調整能力の低下は欧米人に比べると早く起こると考えられています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝