お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

動脈硬化のリスクを低減させる方法

LDLコレステロールは体には必要なものであることから、体を外敵から守る免疫細胞のマクロファージによるLDLコレステロールの貪食(どんしょく)は起こりません。
しかし、LDLコレステロールが活性酸素によって酸化すると、変質した酸化LDLコレステロールとなり、元から体内にあるものと異なることから異物と判断されて貪食が起こります。

貪食は内部に取り込んで処理をすることをいいますが、マクロファージが酸化LDLコレステロールを限界まで取り込むと、血管壁の中に入り込んで活動を停止します。
これが続くと血管壁が硬くなり、内側に盛り上がっていきます。
これが動脈硬化の始まりです。

これを防ぐためには、LDLコレステロールを減らすためにコレステロールの摂取量を減らすことよりも、活性酸素の発生量を減らすことが重要になります。

活性酸素は、細胞のミトコンドリア内でエネルギーが産生されるときに多量に発生しますが、ミトコンドリア内のTCA回路での燃焼がスムーズに行われていれば、エネルギー物質のATP産生の効率が良くなり、それほど活性酸素が発生することはありません。

不完全燃焼することによって活性酸素は多く発生するので、効率的にエネルギー源を燃焼させればよいわけですが、そのために必要となるのが三大ヒトケミカルのα-リポ酸、L-カルニチン、コエンザイムQ10です。
また、ヒトケミカルはエネルギー産生で発症した活性酸素を除去する抗酸化物質としても働きます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝