お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

中性脂肪と脂質異常症の関係

血液中の中性脂肪が多くなることによって、痛みや苦しみなどの自覚症状が現れるのであれば食生活の改善を決心することもできるでしょうけど、血液検査を受けて中性脂肪の検査数値がかなり高いことが指摘されるような状態になっても、これといった自覚症状はみられません。
しかし、中性脂肪値が高いまま長時間放置しておくと、血管の老化が進み、動脈硬化から心疾患、脳血管疾患などの死にもつながる疾患へと進んでいくことになりかねません。

中性脂肪はエネルギーを体内に貯蔵するための形態であり、血液中を流れる脂肪や体脂肪の内臓脂肪と皮下脂肪もほとんどが中性脂肪となっています。
血液中の中性脂肪とLDLコレステロール(低比重リポタンパク)のどちらか、あるいは両方が過剰に増えた状態、HDLコレステロール(高比重リポタンパク)が低い状態を合わせて脂質異常症といいます。

脂質異常症は以前は高脂血症と呼ばれ、2007年(平成19年)に病名が変更となりました。
脂質とタンパク質が結合したリポタンパクの中でも、HDLコレステロールは多いほうが動脈硬化のリストが低下するため、高脂血症という名前はそぐわなくなり、日本動脈硬化学会によって脂質異常症と名付けられました。
それに伴って検査基準の中から高コレステロール血症が外され、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症の3つが、脂質異常症の診断基準となっています。

中性脂肪の数値が正常範囲を超えても、すぐに体に悪影響が出るわけではありません。
しかし、血液中の中性脂肪が増加した状態が長く続くと、動脈硬化のリスクが高まっていきます。
血液中の中性脂肪が増えると、HDLコレステロールが減り、その結果としてLDLコレステロールが増えることが知られています。
LDLコレステロールが増えてもHDLコレステロールが増えれば動脈硬化のリスクは抑えられるものの、日本人は中性脂肪が増えることによってHDLコレステロールが減る傾向があります。
これも体質的な弱点となっています。

動脈硬化では血管の内壁が徐々に厚くなり、硬くなって弾力性が弱まり、血管の内側が狭くなっていきます。
また、血小板の凝集(ぎょうしゅう)が促進され、血栓ができやすくなります。
そして、血管の内径が狭くなったところに血栓ができると血管が詰まりやすくなっていきます。

中性脂肪値が高いうえにLDLコレステロール値が高く、高血圧、糖尿病などの危険因子が重なると、さらに動脈硬化のリスクが増大することになります。
血液中の中性脂肪は男性の場合、加齢に伴って増加する傾向があり、これが中年太りの原因となっています。
女性は男性に比べて中性脂肪値が低い傾向にあるものの、閉経後にはLDLコレステロール値が高くなり、中性脂肪値も高くなるために動脈硬化の危険性も高まっていきます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝