お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

脂肪によって血管の老化が進む日本人

日本人は歴史的に脂肪が多く含まれている肉類などの食品を十分に摂ってこなかったことから、脂肪の摂取量が増えると健康被害が現れやすいことを以前の記事で紹介しました。

中性脂肪値と虚血性心疾患の死亡率を日本人とアメリカ人で比較したデータを見ると、血液中の濃度が100mg/dlの状態での危険度を基準の1としたとき、日本人では 140㎎/dlで2倍、180mg/dlで3倍、250mg/dlで5倍となっています。
アメリカ人は 250mg/dlでも 1.7倍なので、日本人は中性脂肪値が上昇したときの虚血性心疾患の危険度が非常に高くなっていることが分かります。

虚血性心疾患は心筋(心臓を動かす筋肉)に血液を送る冠状動脈が狭くなり、塞(ふさ)がるなどして心筋に酸素が十分に送られなくなって酸素不足になる状態を指しています。
冠状動脈が狭くなって一時的に酸素不足になる狭心症と、冠状動脈が完全に詰まる心筋梗塞に大きく分けられます。
冠状動脈は3本あり、1本が詰まっても心臓が止まることはありませんが、他の冠状動脈に負担がかかることになります。

虚血性心疾患による死亡者の約85%は65歳以上となっています。
75歳未満では男性に多くみられ、75%以上では男女の差は小さくなり、85歳以上では ほぼ同じ発症率という特徴があります。

脂肪の摂取量が歴史的に多かった欧米人は、脂肪をエネルギーとして燃焼させる能力が高く、余分となった脂肪を脂肪細胞の中に蓄積していく能力も高くなっています。
つまり、脂肪を多く蓄えて太ることができるために血液中の中性脂肪が過剰にはなりにくく、動脈硬化のリスクも低い体質となっています。
それに対して日本人は脂肪を脂肪細胞の中に蓄積させる能力が低く、大きく太る前に血液中の中性脂肪が多くなることによって動脈硬化になる可能性が高まるということが言えます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝