お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

日本人はインスリンが出にくい

日本人は太るとインスリンの分泌が低下するという特異な体質となっています。
その体質にはインスリンの2つの働きが関係しています。

インスリンは膵臓(すいぞう)から分泌されるホルモンで、糖尿病で頻繁に登場する言葉であることもあって、一つ目の「細胞にブドウ糖を取り込む働き」についてはよく知られています。
血糖値が上昇すると、その上昇の度合いに応じて膵臓のランゲルハンス島からインスリンが分泌されます。
血糖は血液中のブドウ糖のことを指しているので、血糖値の上昇は血液中のブドウ糖の量が多くなった状態を指しています。
インスリンが分泌されると全身の細胞にあるインスリン受容体が反応して、細胞の中にブドウ糖を取り込んでいきます。
ブドウ糖は重要なエネルギー源になり、血管の中のブドウ糖が減って血糖値が下がっていくようになります。

問題となるのはインスリンのもう一つの働きで、インスリンが分泌されると肝臓で合成される中性脂肪が増えると同時に、脂肪細胞の中に取り込まれて蓄積される中性脂肪が増えていくことになります。
肝臓の中で初めに合成されるのは脂肪酸で、脂肪酸3個がグリセリン1個と結びつくと中性脂肪になります。
中性脂肪は英語ではトリグリセライド(triglyceride)と呼ばれます。
トリはラテン語で3を表しており、3個の脂肪酸とグリセリンと呼ばれるアルコール(水素基3個を持つ化学物質)1個が結びついたエステルという構造をしています。

歴史的に脂肪を多く摂ってきた欧米人は、脂肪を多く蓄積させるためにインスリンを多く分泌させる必要がありました。
そのために膵臓からインスリンが分泌されやすく、膵臓がフル回転しても疲弊しにくい体質となっていきました。

それに対して日本人は、食事で脂肪を多く摂ってこなかっただけでなく、血糖値を大きく上昇させるほどブドウ糖が含まれる糖質(米飯、麺類、パンなど)や砂糖も多くは摂ってはいなかったため、インスリンを多く分泌させなくても生きていくことができました。
こういったインスリンが分泌されにくい体質であるにもかかわらず、血糖値を上昇させる糖質、砂糖、清涼飲料やアルコール飲料を多く摂るようになり、さらには脂肪が多く含まれる肉類も多く食べるようになって、インスリンを出し続けなければならなくなりました。

そのために膵臓に負担がかかることになったわけですが、ブドウ糖と中性脂肪が血液中に入ってくる間は、重要なエネルギー源として筋肉細胞などにブドウ糖を摂り込み続け、脂肪細胞に中性脂肪を摂り込み続けるために膵臓は限界まで働き続けることになります。
次にいつ食べられるかわからないという飢餓状態の時代が長かったことから身に付けられた体質です。
そして、限界に達したときに、急に膵臓の機能が低下してインスリンの分泌量が大きく減ることになります。
このことが日本人の糖尿病の大きな要因となっています。

日本人が糖尿病になりやすいもう一つの要因として、インスリン抵抗性が挙げられます。
これはインスリンが分泌されているにもかかわらず、細胞がインスリンをうまく使うことができない状態で、インスリン分泌不足とインスリン抵抗性によって、ブドウ糖が細胞に十分に摂り込まれなくなり、ブドウ糖が細胞の外側に多い状態となっていきます。
そして、細胞外のブドウ糖は血液中に戻り、一定濃度以上になると尿に多く混じって流れ出てくるようになります。

その状態から糖尿病という名が付けられました。
「尿中のブドウ糖が多くなるのは、不必要になったブドウ糖が尿とともに捨てられているので問題がない」と考える人もいます。
しかし、尿とともに捨てられているのは、もともと細胞でエネルギーとして使われるものなので、本来なら必要なものが失われているわけです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝