お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

日本人の体質の弱点をカバーする代謝成分とは

日本人は脂肪を吸収しやすく、脂肪を燃焼させてエネルギーを作り出すために必要な代謝成分が減少しやすいという特異な体質を持っています。
それが日本人に多くみられる高血圧、糖尿病、動脈硬化などを引き起こす原因となっています。

6個のブドウ糖が輪になったα-シクロデキストリンには余分な成分を吸着して体内に取り込まれないようにする働きがあります。
一般の難消化性デキストリンは脂肪の吸収を全体的に抑える働きだけですが、α-シクロデキストリンには動脈硬化のリスクを高める長鎖脂肪酸とトランス脂肪酸の吸収を抑えて排泄させ、健康の維持・増進に必要な中鎖脂肪酸と短鎖脂肪酸の吸収は妨げないという特徴があります。
また、ブドウ糖の吸収を抑える働きも強く、血糖値が上昇しやすい日本人に貢献する成分となっています。

代謝成分を体内に取り込む為には、8個のブドウ糖が輪になったγ-シクロデキストリンが使われています。
このγ-シクロデキストリンによって、これまで吸収率が極めて低かった代謝成分を効果的に取り入れることができるようになり、日本人の体質の弱点を補うことができる可能性が高まってきました。

「本当は健康寿命が短い日本人」のまとめ

  1. 日本人は不足していた動物性タンパク質と脂肪を補った結果、平均寿命を大きく延ばして、短命な国から世界一の長寿国になった。
  2. 日本は長寿国なのに「健康寿命が短い」という不幸な長生きの国になっている。健康寿命を短くしている最大の原因は脳血管疾患。
  3. 以前はコレステロール不足から血管が切れていたが、今ではコレステロールが過剰になって血管が詰まって、脳血管疾患と心疾患になりやすい。
  4. 日本人は代謝が低いために血液の温度が低く、血液中で動物性の脂肪が固まりやすくなっている。動物性のタンパク質と脂肪を味方にするために血液の温度を高めることが大切。
  5. 生涯医療費の半分は70歳以降に使われているだけに、その前の段階で健康状態を維持できれば病気で苦しむこともなく、医療費を大幅に抑えることができる。
スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝