お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

風邪(かぜ)

症状は軽度のものから重度のものまで様々

風邪は、ウイルス感染や細菌感染によって様々な症状が起こります。

症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、発熱、頭痛、のどの痛み、せき、たん、全身の倦怠感、寒気、筋肉痛、食欲不振、下痢、嘔吐など様々です。

それゆえ「風邪症候群」とも呼ばれています。

また、インフルエンザはインフルエンザウイルスにより起こり、風邪の諸症状に加え、38度以上の高熱や関節などに強い痛みを伴うのが特徴です。

安静、保湿、栄養補給を

疲れやストレス、気温差、睡眠不足、栄養不足などによって※免疫力が落ちるとウイルスに対する抵抗力が低下し、症状が長引いたり悪化したりします。

よって、免疫力を高める生活習慣にすることは、風邪に負けない体を作ることにもつながります。

風邪を引いてしまったら、安静にして、保湿と栄養補給に注意します。

十分に睡眠をとり、ウイルスの繁殖を防ぐために部屋の温度は20~25℃に、湿度は60~70%程度を保ちます。

食事は、高タンパク低脂肪のものを中心に、ビタミンを多く摂り、水分補給も忘れないようにしましょう。

※免疫力・・・体内に侵入した、あるいは発生した異物を非自己として生体が認識して排除し、さらにその異物を記憶して同じ異物が再度侵入したとき排除する力です。高齢になると免疫力は低下します。

おすすめ食品・成分

【豚肉】
ビタミンB₁・・・疲労回復に効果がある

【ねぎ】
硫化アリル・・・抗酸化作用、殺菌作用がある

【レバー】
ビタミンA・・・のどや鼻の粘膜を保護・強化する

風邪のときのおすすめ飲み物

風邪のときは水分補給が大切です。

ビタミンを多く含み、体を温める飲み物を十分に摂りましょう。

【蜂蜜レモン】
スライスしたレモンに蜂蜜をたっぷり入れましょう。

【ゆず茶】
蜂蜜に漬けた柚子(ゆず)の実と皮を刻んで使いましょう。

【しょうが紅茶】
紅茶に擦り下ろしたしょうがを入れましょう。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝