お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

加齢臭は体全体の酸化を食い止める力が弱まっていることの表れ

アメリカ食品医薬品局(FDA)は2015年6月16日、「一般的に安全とは認められない」との理由から、トランス脂肪酸の食品への使用に関する規制をさらに強め、2018年以降原則禁止とすることを発表しました。

トランス脂肪酸の危険性について1つだけ確認しておきたいのは、日本でトランス脂肪酸の規制がされない理由についてです。

日本においては、食品安全委員会が「諸外国に比べて日本人のトランス脂肪酸の摂取量が少ないから規制の必要はない」との見解を発表していますが、どうも疑わしいのです。

なぜなら、世界保健機関 (WHO)はトランス脂肪酸の摂取量を、総エネルギー摂取量の1%未満とするように勧告をしていますが、わかりやすくおおよその計算でグラム換算すると、一人一日当たり約2グラム程度の摂取量ということになります。

あくまでも一例ですが、コンビニエンスストアなどで一般的に販売されているスナック菓子などには大体2グラム前後、内容量が90グラムから100グラムほどの菓子パン一個には4グラム以上、ファストフード店などで販売されているポテトフライMサイズには3グラム以上のトランス脂肪酸が入っているといわれています。

また、喫茶店などに置いてあるコーヒーミルク、安いケーキに使われている生クリームまがいのもの、カップ麺、クッキー、ビスケットなどの中にも、そして外食産業やスーパーマーケットで販売されている揚げ物の中にも、トランス脂肪酸は多く含まれています。

それらを含めて考えると、日本人の平均的なトランス脂肪酸摂取量は、WHOの勧告量を優に超えてしまうのではないでしょうか。

したがって、「この程度は大丈夫」などと高をくくっている人の中にも、実は危険なライン上にいるか、あるいはそれを超えてしまっている人も多いはずです。

どのような根拠で、日本人のトランス脂肪酸の摂取量が少ないと判断しているのか不明ですが、少なくとも実態から判断すると、決して少なくない量のトランス脂肪酸を多くの日本人が摂取しているでしょう。
 
アメリカにおけるトランス脂肪酸の規制強化が正しく報道され、日本でトランス脂肪酸に関する議論が高まることを期待してやみません。

トランス脂肪酸と並び、私たちにとって危険極まりないのが「酸化した油」です。油には、「摂取してよい油」と「絶対に摂取してはいけない油」があるのですが、トランス脂肪酸と酸化した油は両方とも、絶対に摂取してはいけない油です。

油が、主に加熱によって酸化すると体にとっては猛毒となり、それを知らずに多量に摂り込んでしまうと、防御反応として嘔吐や下痢などの症状が起きることもあります。そこまで至らなくとも、劣化した油を使って調理したものを食べた後、酸っぱいゲップが上がってきたといった経験をしたことがある人は少なくないはずです。

油を熱すると分解が起こり、その分解した成分と酸素分子が化合して酸化が始まります。油で調理したスナック菓子や揚げ物の油には、酸化した油が多量に含まれています。それを日常的に摂取していると健康のレベルが低下してしまいます。

さらに注意しなければいけないのは、私たちの体内に不飽和脂肪酸が摂り込まれた時に、その一部が活性酸素の働きによって、過酸化脂質という非常に毒性の強い物質に変化してしまうことです。

過酸化脂質は周囲の細胞を連続的に酸化させていき、結果として細胞自体が機能を損ない、やがては細胞の中の核にあるDNAを傷つけることになります。そうして細胞が変異することでがん細胞に変化してしまうのです。

呼吸によって取り込まれた酸素の2~3%は活性酸素になるといわれています。活性酸素は一方で私たちの体にとっては猛毒なのですが、他方では体内に入ってきた細菌やウイルスなどをやっつけて無害化してくれるという有益な働きも持ち合わせています。

したがって、ある程度の活性酸素は身体にとって有用なのですが、問題は必要以上に活性酸素が体内で大量に発生してしまうことです。それを防いでくれるのが、いわゆる抗酸化物質で、野菜や果物に含まれる植物栄養素(植物化学物質とも呼ばれる)や、ビタミンC、ビタミンEがその代表といえます。

活性酸素の量が増えてしまうと、もともと体内に摂り込まれていた脂質も酸化してどんどん過酸化脂質の量も増え、さらにまた活性酸素も増えるという悪循環が発生します。そしてそのことで体は激しく老化してしまうのです。

40歳を過ぎるあたりからは、酸化に対する抵抗力が低下し始めます。その時に体の表面の皮脂が酸化すると「ノネナール」という物質が発生するといわれていますが、実はそのノネナールが“加齢臭”の原因です。加齢臭は自分では気づきにくく、周囲の人は不快な思いをしていることも多いようなので、気をつけなければいけません。

加齢臭は、体全体の酸化を食い止める力が弱まっていることの表れであり、「たかが加齢臭」などと侮っていると、生死にも関わる重大な疾病につながっていくことがあると認識しておいたほうがよいでしょう。加齢臭がし始めたときには、体の酸化が相当進んでいますから、それだけ危機的な状態になっているサインなのだと受け止めなければいけません。

ガンをはじめとして、肥満や糖尿病、高血圧などの生活習慣病予備軍となっている可能性も高いといえます。深刻に受け止め、すぐさま対処しなければならない事態なのですが、加齢臭を発生させないようにするには、食習慣を変えるしかないのです。
 
まずは、動物性タンパク質、そして動物性脂肪を過剰に摂らないようにすることから取り組んでください。加えて、身体の酸化を食い止めてくれる抗酸化物質を多く含む食べもの、つまり新鮮な野菜や果物を積極的に食べることです。

たばこを吸う人は特に気をつけなければいけません。たばこに含まれているニコチンが発汗を促して体臭がきつくなり、同時に体内のビタミンCを大量に奪ってしまうからです。大事な抗酸化物質であるビタミンCを浪費して、体が酸化に抗う力を失ってしまうことになります。加齢臭を防ぐには、たばこを吸わないことも重要になります。
 
前述したように、加齢臭は自分ではなかなか気づきにくいため、身近な親しい人に思い切って一度聞いてみる勇気が必要かもしれません。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝