お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

酒が強い人と弱い人の違い、アルコール性肝障害、アルコール性疲労について

酒が肝臓に与える負担、つまり酒を飲むと肝臓に悪いというのは、どういうことなのでしょうか。

また酒が強い人と弱い人の違いは何なのでしょう。

酒を飲むと、体内に吸収されたアルコールは肝臓へと運ばれ、アセトアルデヒドという有毒性の物質と水素に分解されます。

さらにアセトアルデヒドは酢酸と水素へと分解され、最終的に二酸化炭素と水になって体外へ排出されます。

このアセトアルデヒドを分解する酵素が多いか少ないかで、酒に強いか弱いかが決まります。

そして、アセトアルデヒドを処理できない人(アセトアルデヒド脱水素酵素2型の不活性型)は酒を飲めないので、通常はアルコール性肝障害になることはありませんが、少しだけ飲める人(アセトアルデヒド脱水素酵素2型の低活性型の人)が常習飲酒になった場合には、アセトアルデヒド脱水素酵素2型の活性型の人に比べて少ない量でアルコール性肝障害を発症してしまいます。

そして、日本人の多くはアセトアルデヒド脱水素酵素2型の低活性型ですので、アルコールの摂り過ぎには注意が必要です。

酒が肝臓に及ぼす影響

では、アルコール性肝障害について述べます。

酒を飲むと、肝臓は、体内に入ったアルコールが全て分解されるまで代謝を続けます。

常習飲酒などで毎日アルコールを摂取していると、肝臓が休む事が出来ずに肝細胞の回復が遅くなったり、肝臓の処理能力を超えてしまったりと、肝臓内に中性脂肪が溜まり、いわゆる肝臓のフォアグラ化が起こります。

また、肝臓に脂肪が溜まると、肝臓そのものが機能を果たせなくなり、それでも同じようにアルコールを摂取していると肝細胞が繊維状になり肝硬変になったり、さらには肝癌に進行し、生死に関わる問題にまで発展します。

酒は飲み過ぎない、そしてきちんと休刊日を作ることが大切です。

スポンサードリンク

疲れが抜けないのは肝臓が原因?

次に、アルコール性疲労について述べましょう。

酒を飲んだ次の日は、二日酔いでなくても だるかったり眠かったり、なんとなく頭が重かったりすることがあります。

実は、この疲労も肝臓と関係しています。

アルコール摂取によって肝臓内に生じるNADHという補酵素が過剰に産生されると、ミトコンドリアの働きが低下し、脳にエネルギー源として供給されるはずの糖やケトン体が通常通りには産生されなくなります。

その結果、脳のエネルギー不足が起きてしまうのです。

また、アルコールを代謝が追い付かないほど飲んでしまうと身体にとって化学的ストレスとなります。

その結果、体内で活性酸素が過剰に産生され、肝臓のみならず体中の細胞を傷つけてしまいます。

飲酒習慣があって疲労が抜けない場合は、アルコール性疲労かもしれません。

「酒で良く眠れる」はウソ

酒を飲むと良く眠れると思っている方は多いと思いますが、これは正しくありません。

たしかに酒は入眠をスムーズにする効果はありますが、アルコールを代謝する過程で発生するアセトアルデヒドはレム睡眠を阻害してしまいます。

また、アルコールはストレスとなり、そのストレスは交感神経を活発化させるので身体に緊張をもたらします。

つまり深い眠りに入ることが出来ない為、十分な質の高い睡眠を確保することが出来ないのです。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝