お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

肌荒れも肌の乾燥もタンパク質の補給が最優先。そしてビタミンCが効果的

肌の美しさを保ってくれるビタミンの代表といえば、ビタミンCです。

また、肌の潤いを保つ成分としては、ヒアルロン酸が良く知られています。

肌が荒れたり乾燥したとき、それらの美肌成分を含む食品を食べたり、化粧品で補給している人も多いでしょう。

特に食事制限中は、カロリーを気にして、サプリメントでビタミン剤を摂る人が少なくありませんが、ビタミンだけでは肌の不調は改善しません。

皮膚は真皮、表皮、角質層の3層からなり、肌の水分を保持しています。

表面を覆っている角質層の水分は、皮脂や汗の分泌で肌に薄いベールを作って乾燥から守っています。

しかし、タンパク質や脂質が減ると、細胞に栄養分が行き渡らず、肌の生まれ変わりが阻害されて、乾燥や角質肥厚(ひこう)、ターンオーバー(皮膚の表面組織の新陳代謝)の乱れを引き起こしてしまいます。

人間の体は、筋肉や臓器だけでなく、肌、髪などもタンパク質を材料にして作られています。

肌の弾力を保つコラーゲンも、タンパク質不足では上手く生成できなくなってしまいます。

肌がカサついたりハリが失われたときは、まずタンパク質の補給が最優先です。

鶏の手羽先、鮭(とくに皮)、うなぎなどを食べますと、タンパク質とコラーゲンを一緒に摂取することが出来ます。

それらの食事に加え、ビタミンCを補うと より効果的です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝