お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

核酸について

核酸とは?

遺伝子は ほとんどが細胞の中心にある細胞核に納められています。核酸とは4つの塩基「A(アデニン)・G(グアニン)・T(チミン)・C(シトシン)」で形成された遺伝子そのものであり、核内に存在するDNA(デオキシリボ核酸)と、核の内と外に存在するRNA(リボ核酸)の2種類があります。

1869年、スイスの生化学者であるミーシェルが、患者の包帯から膿を集め、白血球[血液に含まれる細胞のひとつ。体内に侵入したウイルスや細菌などの異物を排除する役割がある]の中に含まれる高分子物質を細胞核の中から取り出しました。

その後、サケの白子、ビール酵母、仔牛の胸腺からも同様の物質が発見され、1889年にそれが細胞核内の酸性物質であることから「核酸」と名付けられました。

当時は栄養素としてではなく、核酸の持つ遺伝情報に関する研究が中心でした。また、核酸は他の栄養素から必要な分だけ作ることができるので、食べ物から摂る必要はないと考えられていました。

しかし、腸間膜血栓症で腸管を切除した患者に核酸を含む栄養素を与えたところ、免疫力が低下しにくくなったという結果が出たのです。この研究結果が発表されて以来、核酸が注目されるようになりました。

核酸のいちばん小さな単位をヌクレオチドといいます。ヌクレオチドがたくさんつながったものを核酸といいます。ヌクレオチドは5角形の糖(5単糖)と塩基、リン酸という構造からできています。

核酸は分子量のとても大きいポリマーです。その分子量は1万程度から数百億。この大きな核酸という分子をずーっと小さく分解していくと、いちばん最後に5単糖と塩基、リン酸になります。

核酸DNAは身体の設計図の役目をしています。それに対しRNAは、DNAのもつ情報の一部を読み取り、核外で必要なタンパク質を合成し細胞を作るなどの役目をしています。つまりDNAが設計図なのに対しRNAは大工さんの役目をしているのです。

人間が生きていく上で必要不可欠な栄養素と言えば炭水化物、タンパク質、脂質の3大栄養素、そしてビタミン、ミネラルを加えた5大栄養素、そこに食物繊維を加えて6大栄養素です。

しかし遺伝子レベルでの健康をより積極的に心がけていこうとするならば、もう1つ大切な栄養素があります。それが「第7の栄養素」と呼ばれる「核酸」です。

核酸のうちDNAは細胞の核の中に存在し、遺伝子として遺伝子情報を伝える働きをします。細胞の生成時から死滅まで細胞の分裂・成長・エネルギー生産を調整し続けます。人間の体の細胞は脳神経細胞と一部の細胞をのぞくと、約4カ月で新しく生まれ変わります。

人間は本来、体内で核酸を作ることができます。このことは“デノボ合成”と呼ばれ、肝臓(一部腎臓)でアミノ酸などの低分子化合物を原料として「核酸」を作るのですが、取り入れたタンパク質を基にいくつもの過程を経なければならず、多くのエネルギーを使うため肝臓への負担も大きくなります。

これに対し直接核酸成分を食べて、再利用するのが“サルベージ合成”です。私たちは食事によって生きていますが、そのほとんどが“生き物”を食べています。肉や魚に限らず、野菜や果物、果ては調味料に至るまでそのほとんどが生き物です。生き物はすべて細胞からできていて、細胞には必ず核があり核酸が入っています。

核酸の基であるA・G・T・Cの塩基はすべての生き物に共通したものですので、自分のDNAに合わせて並べ替えることで、そのまま人間が使うことができるのです。この“サルベージ合成”は、核酸として使われるまでの過程が簡単なため“デノボ合成”に比べて肝臓などの負担が少なくて済むのです。

肝臓の機能は年齢とともに衰えてしまうため、デノボ合成によって核酸が盛んにつくられるのは、20歳位までだといわれています。回復力の低下や肌の衰えなどの体の変化は、肝機能の衰えにより核酸がつくられる力が弱くなってしまうことが原因です。これにより細胞の生まれ変わる周期が徐々に狂ってしまうのです。

加齢、ウイルス、ストレス、紫外線、発がん性物質などはデノボ合成を弱めます。その結果、細胞分裂が遅くなったり、不完全な細胞や弱い細胞ができたりして免疫力がダウンし、老化が起こります。

がん、糖尿病、アルツハイマー病、アトピー性皮膚炎などの病気の症状が現れることもあります。DNAを修復するには、食べ物から核酸を摂取しサルベージ合成を高める必要があります。

タンパク質を多く含む肉や魚、豆類などには核酸が多く、野菜や果物には少ないようです。最も核酸が豊富な食物は“サケの白子”や“ビール酵母”などですが、核酸以外に脂分などが多く、そのまま大量に食べるのは逆に身体によくありません。

また、現代人の食事にはインスタント食品や加工食品が多いことや、食生活のバランスが乱れていることもあり、核酸が含まれる食品を取り入れる機会が減っているという現状があります。そのため、充分な量の核酸を負担無く摂取するにはサプリメントなどで補うのが効果的です。

核酸の美肌効果

皮膚は絶えず外気にさらされており、紫外線などの影響を受けることによって老化が目立ちやすい部分といえます。また、特に皮膚は細胞の生まれ変わりが活発であるため、他の部分より多くの核酸が必要となります。

「肌の曲がり角」といわれる20歳前後を過ぎると、肝機能が衰え、核酸が体内でつくられる量が徐々に減っていきます。核酸が不足してしまうと、ターンオーバー[肌が生まれ変わる周期のこと。ターンオーバーは20歳頃までは28日前後で生まれ変わるといわれているが、ターンオーバーは年齢とともに遅れていき、40歳を過ぎると40日以上かかるようになる。年齢とともに肌の透明感やハリが失われる原因のひとつ]のサイクルが長くなり、様々な肌の老化現象が引き起こされます。

肌の老化現象のひとつとして、肌の潤い不足が挙げられます。肌の水分を保つ成分や、皮脂の分泌量が少なくなるために、肌に潤いがなくなり、乾燥しやすくなります。

また、新陳代謝が衰えると、古い角質が肌の表面に蓄積されたままになるため、肌荒れが引き起こされやすくなるほか、紫外線から肌を守るメラニン色素が、新陳代謝の衰えにより皮膚の中に残りやすくなってしまい、日焼けによるシミやソバカスが出来やすくなります。

核酸を補い、細胞の新陳代謝を活発にさせることによって、肌の老化現象を防ぐことができます。

核酸の髪を健康に保つ効果

老化現象のひとつである白髪や抜け毛は、頭皮の栄養状態と大きな関わりがあります。髪が伸びる仕組みは、頭皮の内側に潜っている毛根にある毛母細胞が分裂を繰り返すことによるものです。

核酸は、毛母細胞の活動を支配しているため、核酸が不足することによって、白髪や抜け毛といった毛髪の老化が引き起こされてしまいます。

核酸が細胞の生まれ変わりを促進することによって、健康な髪を保ちます。

核酸の疲労回復効果

核酸が分解されることによってできる尿酸には、体内で発生した活性酸素[普通の酸素に比べ、著しく反応性が増すことで強い酸化力を持った酸素のこと。体内で過度に発生すると、脂質やタンパク質、DNAなどに影響し、老化などの原因になるとされる]を抑制する抗酸化力を高める働きがあります。

活性酸素は紫外線やストレス、喫煙、食品添加物、残留農薬などによって発生し、核酸のひとつであるDNAを傷つけてしまいます。活性酸素により細胞が傷つけられると、疲労や倦怠感の原因となります。

特に現代人の生活環境は活性酸素が発生しやすいといわれているため、核酸を補うことによって、疲れにくく若々しい体を保つことができます。

また、核酸の構成成分であるアデノシンとヌクレオシドには、血流を改善させ、細胞を活性化することで新陳代謝を活発にさせる働きがあるため、冷え性や肩こりを改善する効果もあります。

核酸の免疫力を高める効果

乳幼児に核酸を含む食事を摂取させると免疫物質(IgA, IgM)が増加することが報告され、また術後の感染症の予防に役立つことが報告されており、核酸に免疫力を高める効果が期待されています。

核酸の脳機能を改善する効果

脳に必要な栄養素である核酸(RNA)を十分補うことで、脳の細胞の減少を抑え、脳の老化を防ぐことができます。

実際に、核酸(RNA)が多く含まれるビール酵母を高齢者に与えたところ、記憶力が増した、認知症[アルツハイマー病とも呼ばれ、物忘れが激しくなる・理解力や判断力が低下する・以前熱中していたことに興味を示さなくなるといった症状が挙げられる]が回復したという結果も報告されています。

つまり、核酸(RNA)を補給することによって、脳が活動するためのエネルギーが増え、頭がよく働くということです。

核酸の貧血を予防する効果

核酸が血液の成分をつくり出すことによって、貧血を予防する効果があるといわれています。

血液は、骨髄にある幹細胞[細胞のもとになる細胞のこと。自分自身が増える複製能力と、他の細胞になる能力を備えている]でつくられており、赤血球や白血球、リンパ球、血小板などの様々な血液成分が絶えず生み出されています。つまり、骨髄は細胞の生まれ変わりが活発に行われている場所といえます。

貧血の原因には、鉄不足によるものと、血液の成分不足によるものがあります。後者の場合は、血液の成分をつくり出すために必要な核酸を積極的に補い、新陳代謝を活発にさせることによって、貧血を予防する効果が期待できます。

核酸の肥満を予防する効果

肥満を防ぐためには、新陳代謝を活発にさせて、脂肪の燃焼を促すことが重要となります。積極的に運動をしてエネルギーを消費することも大切ですが、もうひとつ注目すべきなのが「基礎代謝」です。

基礎代謝とは、生命活動を維持するために、運動をしていなくても、自然に消費するエネルギーのことです。この基礎代謝を活発にさせるためには、原料となる核酸が必要となります。

核酸が新陳代謝を活発にすることによって、基礎代謝を高め、肥満を予防する効果を発揮します。

赤血球と核酸

毎日酸素を運んでくれている赤血球。この赤血球は、肝臓で合成された核酸も全身に運んでくれる役割を果たしています。

人の体は毎日生まれ変わる細胞のために全身で核酸を必要としていますが、この核酸を全身に運んでくれるのが赤血球です。

ビタミンB群と核酸

ビタミンB群が人のからだの中で活性化するときに、核酸・塩基が必要なものもあります。特に核酸とビタミンB群が一緒に摂られたときにはビタミンB群の代謝が非常に上昇します。

ビタミンB群を摂るときは、核酸も一緒に摂ると効果的です。

妊婦さんと核酸・葉酸

葉酸は核酸の材料になります。

妊婦さんで葉酸不足になると細胞分裂するときに必要な核酸ができにくくなってしまいます。核酸の不足は奇形児が生まれる可能性を高めてしまいます。

妊婦さんに限らず、妊娠する予定の女性は葉酸をせっせと摂りましょう。妊婦さんの葉酸摂取は、厚生労働省もサプリメントの摂取を勧めています。

赤ちゃん(新生児)と核酸、亜鉛

新生児は細胞分裂が非常に盛んです。毎日大きくなる赤ちゃんは皮膚も分裂がとても盛んです。つまり、分裂するのに核酸やタンパク質などの材料がたくさん必要になります。

赤ちゃんはすべての栄養を母乳や人工ミルクからもらっています。ですので母乳やミルクに亜鉛が不足している場合、皮膚にトラブルが出るおそれが出ます。これを乳児湿疹といいますが、間違えてアトピーという診断を下される場合が多いようです。

赤ちゃんの皮膚トラブルは、母乳やミルク中の亜鉛の欠乏も視野に入れておくとよいでしょう。血液検査において、亜鉛の欠乏はALPでみます。

貧血と核酸

肝臓の悪い人は貧血になってしまうことが多くあります。肝臓が悪いということは、残念ながら核酸を最初からつくるデノボ合成がきちんとできないということになります。すると、新しい細胞の元になるDNAの材料が充分に供給できなくなり、骨髄でも造血機能が低下してくるので、肝臓が悪くなると貧血になってしまう方が多いのです。

また、核酸供給が落ちてしまうと、皮膚などの細胞分裂のスピードも落ちてきます。そして皮膚の状態が悪くなってしまいます。

肝硬変と核酸補給

肝硬変。このとき、肝臓自身が修復するために細胞分裂は絶対必要です。肝硬変で肝臓が治らない、というのではなく、修復するだけの核酸を栄養素として送り込んで、サルベージ合成をさせて肝を修復・改善させるということがひとつの案となります。

健やかなDNAつくりに亜鉛が大切

親の細胞のすべての遺伝子が、必ず次の新しい細胞に正確に伝えられていきます。これがDNAの複製です。

わたしたちのからだの中では、毎日ものすごい速さで細胞が分裂しています。DNAの複製では、常に同じ塩基配列がコピーされていきます。数にすると、毎秒50個ずつのヌクレオチドが重合されていくそうです。

そしてそのDNAが2つに分かれていくときに大事なのが「ジンクフィンガー」と呼ばれるタンパク質です。これがDNAが2つに分かれるときに大活躍しています。ジンク=亜鉛を示す通り、亜鉛不足ではDNAの複製がうまくいかないということが起きてしまいます。

毎日の健やかな核酸つくりのためにも亜鉛は必須です。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝