お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

果実類の選び方

果物を選ぶときは、五感を使って見極めることがポイントです。

見た目の美しさだけでなく、重さや香りにも注目しましょう。

傷みやすいので、丁寧に扱ってください。

国産の果物は、特定の時期にしか出回らないので、旬がはっきり分かります。

色つやなどの見た目も重要

果物には水分が多く含まれるので、見た目でみずみずさが判断できます。

さらに、色つきの良いもの、色ムラのないもの、皮がピンと張っているもの、傷みの少ないものなどを選びましょう。

適度な硬さのもの

適度な硬さがあるものを選び、家で数日置いて追熟させて食べるぐらいが良いでしょう。

熟しすぎた果物は、持ったときに軟らかく感じます。

その日のうちに食べる場合や、少々軟らかいくらいが食べ頃の果物の場合、軟らかいものが好みという場合もあるかもしれません。

強く持ったりぶつけたりすると、茶色く変色するので、選ぶときにも丁寧に扱いましょう。

食べ頃は、果物特有の香りが決め手

果物の中には、熟すと特有の香りを放つものが多くあります。

店頭に並んでいるときは、まだ未熟な状態のものが多いので、香りはそれほど強くありません。

熟すと香りが強くなるので、それが食べ頃の目安です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝