お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

海外サプリメントには薬事法で認可されていない成分が入っている危険も

近頃人気の海外サプリメント。

インターネット上には、海外の健康器具やサプリメントを扱う通販サイトがひしめき合い、日本より手頃な値段で入手できることから、購入者が増えています。

しかし、購入は慎重にしたほうがいいです。

というのも、海外サプリメントには、日本では薬事法で認可されていない成分が入っている危険もあり、現に健康被害の報告が年々増えてきているからです。

たとえば2013年には、アメリカ製ダイエットサプリメントを飲んだ日本人女性が急性肝炎になり、入院したという事例が報告されています。

実はこのサプリメント、アメリカではリコール対象となった商品でした。

現在では日本国内でも流通していませんが、過去にはネット通販で購入した人は、知らずに飲み続けている可能性もあります。

日本製の健康食品に問題が発生すれば、ニュースなどから注意喚起の情報が耳に入りやすいのですが、海外製では情報が入ってこないこともあります。

それに加えて厄介なのは、個人輸入の場合、健康被害が出たとしても、その後すべて自分で対応しなければならないことです。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝