お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

イソフラボンのサプリ原料はゲニステインよりもダイゼインが安心

イソフラボンは大豆に含まれるフラボノイドで、エストロゲン(女性ホルモン)様物質です。

更年期障害、骨粗しょう症の改善効果があるとされるほか、乳がん、子宮がんの予防効果もあるといわれます。

エストロゲンは、妊娠に備えて乳房や子宮の組織の細胞分裂を促進する働きを持つホルモンですので、乳がん、子宮がんの発生リスクを高める働きも持つと考えられています。

化学構造がエストロゲンと似ているイソフラボンを摂取すると、体内でエストロゲンより先回りして受容体に結びつき、強力なエストロゲンの作用を抑制することで、乳がんの発生リスクを抑えてくれるのではないかと考えられています。

イソフラボンにもいくつか種類があり、サプリメントとしては「ゲニステイン」と「ダイゼイン」が使われています。

このうちゲニステインの方がエストロゲンに化学構造が似ているため、作用が強めです。

乳がんや子宮がんを発生させる作用もその分、大きいと考えられています。

スポンサードリンク

一方、ダイゼインは、女性ホルモン様物質としての作用がマイルドです。

ですからイソフラボンをお飲みになるのなら、ダイゼインが使われたものが安心と考えられます。

ただダイゼインは大豆の胚芽周辺にしかありませんから、摂れる量が少なく、何も書かれていなければ、ほぼゲニステインが使用されていると思ってよいでしょう。

またいずれにしても、近親者、たとえばお母さんとかおばあちゃんに乳がんの方がいらしたら、イソフラボンの摂取はお控えになった方がよいと思います。

乳がん家系の方は受容体が敏感なため、少量であっても、女性ホルモン様物質を摂取すると、その物質の細胞増殖作用によって乳房や子宮の細胞の増殖が促進され、癌化する可能性が考えられるからです。

特にゲニステインの方は、要注意です。

また、大豆に関しては遺伝子組み換えの問題があります。

一度加工食品になってしまうと、原料の大豆が遺伝子組み換えかそうでないかを、私たち消費者が確認するのは極めて難しいというのが現状です。

日本は今、アメリカから大豆を大量に輸入しています。

そしてアメリカの大豆はおよそ8割が遺伝子組み換えとされています。

それを考えるとサプリメントに使われる大豆も遺伝子組み換えの確率が高いと考えた方が自然でしょう。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝