お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

食が細くなったり、胃酸による不快感に悩まされる場合の原因は?

食が細くなるにもいくつかのタイプがありますが、たとえば、空腹感はあるのに、食べるとすぐにお腹が張って、それ以上は食べられなくなるというケースを考えてみましょう。

食べたあとで上腹部の不快感がある場合、すぐ胃の問題だと考えられがちですが、実はその下の小腸の上部に問題があることが、かなり多いものです。

まずは、このことを知っておきましょう。

というのも、胃のあたりが不快だというと、すぐに胃薬を買ってしまいがちで、それでかえって悪くしてしまうことが少なくないからです。

今は、町の薬局でH2ブロッカー系の胃薬が処方箋(じょほうせん)なしで買えるようになりました。

これはかなり強力に胃酸の分泌を抑えてしまいます。

ポイントは、これを服用しても症状が改善しない人は、胃酸の問題ではないということです。

ですから、すぐ服用を中止したほうがいいです。

多少よくなった程度の人も、継続すべきではありません。

胃酸は、食べ物とともに入ってきたバイキン類を殺すために、強い酸度を保っています。

それを薬でアルカリのほうに傾けてしまったら、バイキンは素通りして、そのまま腸に流入していくことになります。

もともと小腸上部は細菌類が少ない場所ですが、そうした薬剤で胃酸の働きが抑えられていると、そのあたりの細菌が増えてしまいます。

そのため、食後に上腹部が不快になることが少なくないのです。

逆流性食道炎によって、食後、胃がムカムカするとか、胸焼けがするといった症状に悩まされている人も少なくありません。

胃では、粘膜から分泌される胃酸で胃壁がやられないように、胃粘液で中和してガードしています。

十二指腸内も膵液(すいえき)によって守られています。

ところが、胃の手前の食道にはそうした機能がないので、胃から強い酸性の胃液が逆流してきたら、炎症を起こしてしまいます。

そこで、胃に送ったものが逆流しないように、食道の下部にある括約筋(かつやくきん)が弁の役目を果たしています。

ところが、この部分の機能が低下して十分に働かなくなると、逆流が起こり、胃液も一緒に戻ってきてしまうため、食道の粘膜が炎症を起こして、ムカつきや胸焼けになってしまうのです。

特に高齢者に多く見られる症状ですが、多くの医者が、そうした症状を和(やわ)らげるためにPPI(プロトンポンプインヒビター)という胃酸の分泌を強力に抑制する薬を処方します。

胃酸が出なくなるわけですから、食道の炎症は一時的に収まって、すっきりするでしょう。

最初のうちはある程度は効きます。

しかし、服用をやめると、またすぐに症状が再発します。

そこで、その薬を飲み続けることになるのです。

すると、胃液で殺菌されないものが、どんどん小腸に流れ込んでいくため、小腸のほうが、バイキンだらけになって、別の不調を起こすことになってしまいます。

酵素が足りなくて、食後に胃の不調を訴えるというケースもあります。

そもそも酵素自体はタンパク質なので、タンパク質をしっかり摂って合成できるようにしておかなければなりません。

酵素が不足した状態だとタンパク質がうまく吸収できず、タンパク質そのものも不足がちになってしまいます。

そういう人はサプリで良質の消化酵素を摂るのが効果的です。

酵素は摂り過ぎても、タンパク質として吸収され、アミノ酸となって別のタンパク質の合成に使われるだけなので、摂取オーバーの弊害を気にする必要はありません。

ただし、市販の酵素の中には液体系のものが増えてきています。

飲みやすくするためなのでしょうが、糖質を加えて、とても甘い味付けがしてあります。

これには十分に気をつけてください。

食が細い人で、太った人はあまりいませんが、よく食べるのに太らない人がいます。

それは食べ方を工夫しているか、はからずもそうした状況になっているかでしょう。

ともあれ、食べた分のエネルギーをしっかり消費していれば、基本的に太ることはありません。

カロリーが多すぎるのは、けっして良いことではありません。

摂取カロリーが1日のカロリー消費量よりも多い人の体内では、余剰カロリーが常に蓄積していきます。

特にそれが内臓脂肪になると、糖尿病、高血圧、脂質異常症、心筋梗塞(しんきんこうそく)、脳梗塞などのリスクがどんどん高まっていきます。

カロリー=栄養と思っている人が多いのですが、カロリーはカロリー、栄養は栄養で、全く別の見方をしなければなりません。

また、腸の粘膜の機能が弱まると、食欲低下が起こります。

粘膜を防御するグルタミンを十分に摂取することも、食の回復に有効です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝