お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ビタミンB₆、B₂、ナイアシンをバランスよく摂ることでイライラを改善

私たちの体はタンパク質で出来ています。

そのタンパク質を体内で活用できる形に作り変えるのが、ビタミンB₆ の役割です。

タンパク質はアミノ酸が複雑に組み合わさって出来たもので、そのままでは大きすぎて腸から吸収できません。

そのため、ビタミンB₆ はタンパク質をアミノ酸に分解し、体内の細胞などを作るために作り直すサポートをしているのです。

ですから、ビタミンB₆ が不足すると、タンパク質の代謝が滞って、肌荒れや口内炎になったり、女性は月経前症候群(PMS)がひどくなったりします。

また、ビタミンB₆ は、神経伝達物質の生成にも関わっています。

なかでも、興奮を抑制する物質「GABA(ギャバ)」と関係が深く、不足してくると、ささいなことで興奮したり、イライラが止まらなくなったりします。

要するに、キレやすくなるのです。

ビタミンB₆ は、魚類、肉類、大豆、玄米などに多く含まれます。

しかし、それらだけを食べても、心が安定するわけではありません。

ビタミンB₆ は単体では機能できず、ビタミンB₂ とナイアシンの存在が不可欠なのです。

ビタミンB₆ はビタミンB₂ がないと働けず、ナイアシンはビタミンB₆ がないと機能できません。

つまり、この3種をバランスよく摂ることが重要なポイントとなります。

この3種をカバーする食材は、カツオ、マグロ、サンマ、サバなどの魚料理です。

鮮度が落ちると、ビタミン量が減ってしまうので、新鮮なものを選びたいものです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝