お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

イオウ化合物の刺激臭と健康効果

イオウ化合物は、長ねぎ、玉ねぎ、にんにく、にらなどユリ科(ネギ属)やキャベツ、大根、わさびなどのアブラナ科の野菜に含まれる※香気(こうき)成分で、食品独特の香気や臭気のもとになっています。

いずれも強力な抗酸化作用を発揮し、癌や心臓病、老化の原因となる活性酸素を消去します。

また、血栓を溶かし、血液の循環を良くするとともにLDLコレステロールを減らし、動脈硬化や心臓病を防ぎます。

強い殺菌力があり、食中毒などを防ぐ薬味として使われます。

ピロリ菌にも作用し、胃炎、胃潰瘍、胃癌を予防します。

※香気成分・・・食品の香気成分には、アルコール類、エステル類、アルデヒド・ケトン類、イオウ化合物、窒素化合物など多くの物質があります。香気成分は低分子で、揮発性の性質を持ちます。

イオウ化合物の種類

【硫化アリル】

生のにんにくや玉ねぎに含まれるアリインと、つぶしたり加熱調理したときに酵素が作用してできるアリシンがあり、いずれも強い抗酸化作用を持ちます。

アリシンは、ビタミンB₁ と結合するとアリチアミンに変わり、ビタミンB₁ の疲労回復効果がさらに持続します。

【硫化プロピル】

生の玉ねぎに含まれる辛味成分で、グルコースの代謝を促進して血糖値を下げ、糖尿病を予防します。

空気に触れて酸化するとトリスルフィドに、長時間の加熱によりセバエンという物質に変化し、動脈硬化、血栓、高血糖の予防と改善に効果的です。

【サイクロアリイン】

血小板の凝集を抑えて血行を改善、血栓を溶かす作用があり、動脈硬化や高血圧の予防に効果を発揮します。

内臓機能を高め、新陳代謝を活発にします。

【チオスルフィネート】

玉ねぎを切ったときに出る催涙成分で、強い殺菌・抗菌作用があり、炎症やアレルギー症状を抑える効果も期待されています。

さらに、インスリンの分泌を促進して糖尿病を予防する効果があります。

【イソチオシアネート】

大根やわさびなどの辛み成分。

殺菌作用が強く食品の保存に用いられます。

血栓予防、食欲増進、発癌性物質の活性化を抑える作用なども期待されます。

ブロッコリー、小松菜にも含まれます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝