お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

飲酒前や飲酒中に摂りたい栄養素とは

まず、飲酒で大量に消費される栄養素は何かということについてお話しします。

アルコールを摂取すると、肝臓は、アルコールを代謝するために通常より多くの栄養素を必要とします。

酒のつまみは必要な栄養素を摂取するための役割も果たしています。

また、アルコールのみを飲む場合に比べて、つまみを摂りながら飲むときはアルコールの吸収が悪くなるので肝臓への負担が軽くなります。

以下は、アルコールの分解に深く関わる栄養素ですので、酒を飲む際には意識して摂取することをお勧めします。

ナイアシン(ビタミンB群)

ナイアシンは、アルコールの代謝に必要なアルコール脱水素酵素(ADH)や、アルコールが分解されたアセトアルデヒドの代謝に必要なアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)に密接に関わる補酵素として働きます。

ナイアシンは様々な食品に含まれ、また、体内でも合成できるので、普段の生活で不足することはあまりありませんが、多量の飲酒などで不足状態になるとアルコールの代謝が追い付かず吐き気や嘔吐に繋がります。

ナイアシンが多い食材は、まぐろ、カツオ、レバーなどです。

ビタミンB₁

アルコールの分解が、ナイアシンの関わるアルコール脱水素酵素(ADH)だけでは間に合わなくなると、ミクロソーム・エタノール酵素(MEOS)がアルコールの分解のために働くようになり、このときにビタミンB₁ が多い食材は豚肉、うなぎ、大豆などです。

タンパク質

タンパク質に含まれるアミノ酸「グルタミン」「アラニン」は、多量のアルコールやアセトアルデヒドを代謝した際に過剰産生されたNADHという補酵素を糖新生(肝臓においてグリコーゲンが分解されてブドウ糖が生成されること)に利用することによって代謝機能を促進します。

また、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」「アルギニン」「グルタミン」も肝機能を高め、アルコール分解を速める働きがあると言われます。

他にも、必須アミノ酸の一種である「トリプトファン」は、体内でナイアシンに合成されることでアルコール代謝を促進します。

タンパク質が多い食材は、サンマ、うなぎ、大豆などです。

亜鉛、鉄、マンガン、カリウム、マグネシウムなどの微量ミネラル

これらの微量ミネラルは、アルコールの代謝に必要な酵素の活性に深く関わります。

また、アルコールが代謝される過程で消費されますので、多量にアルコールを摂取した場合には不足することがあります。

微量ミネラルが多い食材はレバー、ホウレンソウ、牡蠣(かき)、牛肉、ショウガ、あおさなどです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝