お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

インスリン抵抗性が引き起こす高血圧

メタボリックシンドロームに関する深刻な問題点は、高血圧です。

高血圧もまた、インスリン抵抗性によって起こるケースが多いものです。

高血圧というと、とかく塩分ひかえめということが言われますが、実際のところ、血圧が塩分によって上昇するケースは、それほど多くはありません。

血圧が高いと言われたら、塩分を控えることも必要ですが、それよりも、むしろ糖分(糖質)を控えるべきです。

インスリン抵抗性が進むと、血圧が上昇したり、血管壁が脆(もろ)くなったり、と様々なトラブルが引き起こされるからです。

糖質を控えれば、血圧は驚くほど下がるでしょう。

40代からの心臓や血管に関して、最も気になるのは動脈硬化です。

血管壁が硬くなれば、そこにかかる圧力も強くなり、血圧が上がってきます。

ただし、動脈硬化が高血圧の原因だといわれていますが、これは、動脈硬化になる人は、もともと高血圧の傾向にあり、動脈硬化を起こせばますます血圧が上がってしまうということです。

ですから、動脈硬化が起こる仕組みを正しく理解することが肝心(かんじん)です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝