お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

サルモネラ・エンテリティディス(SE)菌を含む卵(インエッグ)にご注意!

食中毒の原因となるサルモネラ菌は、ヒトや動物の消化管に生息する腸内細菌の一種です。

血清型によっていろいろな種類に分類され、その種類はなんと2000種以上とも言われています。

それら、すべてのサルモネラ菌が原因菌になるわけではなく、食中毒を起こすのは一部の菌に限られています。

なかでも、最近増えているのが、サルモネラ・エンテリティディス(=SE菌)が原因の食中毒です。

SE菌を内部に含んでいる卵は、インエッグ(inEgg)と呼ばれています。

そんな卵を買ってしまったらどうなるの?と心配になるかもしれませんが、インエッグが発見される割合は鶏卵1万個につき2~3個と極(ごく)わずか。

しかも、SE菌を含む卵1個の中にどれほどの菌がいるかというと、平均2個、多い卵で20個未満という割合に過ぎず、その程度なら食中毒の原因になることはないです。

ところが、保存法を間違えると、たちまち菌が増殖するのが卵の怖いところ。

卵の栄養バランスの良さが裏目に出て、サルモネラ菌の格好のエサになってしまうのです。

サルモネラ菌の増殖に最も適した温度は37℃とされ、猛烈なスピードで増えていきます。

わずか2~3個にすぎなかった菌が、半日のうちに数億倍にも増えてしまうことがあります。

卵のサルモネラ菌による食中毒を防ぐには、卵を常温保存しないこと。

卵サンドを弁当などとして持っていくときは、卵にしっかり火を通すことが大切です。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝