お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

イミダゾールジペプチドで記憶に関連する脳部位の萎縮抑制と、うつ改善

東京大学は3月29日、国立精神・神経医療研究センターとの共同研究により、鶏肉に含まれる「イミダゾールジペプチド」含有食品を3ヶ月間摂取するボランティア群と、そうでないボランティア群の食品摂取期間の前と後に、MRI検査と神経心理機能検査を実施したところ、前者の群ではイミダゾールジペプチド含有食品を摂取後に記憶に関連する脳部位の萎縮が抑制されていることと、うつ傾向と認知機能に改善傾向が認められたと発表しました。

成果は、東大大学院 新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻の久恒辰博 准教授らの研究チームによるものです。

研究の詳細な内容は、3月30日に東京で実施された日本農芸化学会のシンポジウムにて発表されました。

食べ物には生体のエネルギー源としてだけではなく、生体が外界の変化に対応して一定の状態や構造を保とうとする性質、つまり恒常性を保つ機能があり、心身の健康を維持する働きがあります。

中でも肉類には、単なるタンパク質の供給源であることを超えて、例えば「肉を食べていると元気になる」といったことは実際に経験がある人も多いようですが、こうした未だに知られざる働きがあることも、近年論じられるようになってきました。

これらの効果をもたらす食品中の成分は、「高機能食品成分」と呼ばれています。

高機能食品成分の例としては、鶏肉にはイミダゾールジペプチドと呼ばれる複数のアミノ酸からなる分子が多く含まれており、イミダゾールジペプチドにはこれまでに抗疲労効果があることなどが報告されてきました。

イミダゾールジペプチドは、「βアラニン」とイミダゾール環を持つアミノ酸「ヒスチジン」などからなる生体ジペプチドです。

「カルノシン」に加え、βアラニンと「メチルヒスチジン」からなる「アンセリン」などがあります。

しかし、イミダゾールジペプチドには未知の効果がある可能性が残っていたのです。

そこで今回の実験を実施したところ、イミダゾールジペプチド含有食品を3ヶ月間摂取したボランティア群は、MRI検査と神経心理機能検査において、イミダゾールジペプチド含有食品を摂取した後に記憶に関連する脳部位の萎縮が抑制されていたこと、うつ傾向と認知機能に改善傾向が見られたというわけです。

これは、肉類に含まれるイミダゾールジペプチドに記憶に関連するヒトの脳部位の萎縮を抑制すると共に、神経心理機能を改善する働きがあることが示唆しています。

今回の成果は、食肉や魚肉が持つ健康維持作用を新たに明らかにすることに成功した形であり、食肉の適量摂取は、脳や心の健康維持につながる可能性が期待されます。

スポンサードリンク

イミダゾールジペプチドの発見は意外と古く、1900年までさかのぼります。

最初は、ほ乳類の骨格筋中で発見されましたが、その後様々な種類の脊椎動物でも発見され、渡り鳥を祖先に持つガチョウの骨格筋中に豊富に含まれていることが分かりました。

中でも『イミダゾールジペプチド』の濃度が高かったのは、羽を動かす胸肉の部分。

渡り鳥が2週間以上も休むことなく飛び続けられる理由(パワーの源)は、ここにありそうです。

その後、2006年に「疲労」の程度を数値化することに成功したのをきっかけに、『イミダゾールジペプチド』と『抗疲労』の研究は飛躍的に発展します。

『イミダゾールジペプチド』の抗酸化作用は1988年にAmes博士(変異原性試験の開発者)らのグループによって報告されました。

「カルノシン」も「アンセリン」もヒトが摂取すると、血液中で速やかに単独のアミノ酸に分解され、骨格筋中に移行し「カルノシン」に再合成されると考えられています。

そのとき、抗酸化作用が発揮されます。

この抗酸化作用について、ヒトの疲労試験で酸化ストレスマーカーを用いて、その変化がはっきりと確認できたのはなんと『イミダゾールジペプチド』だけだったのです。

現在、「疲労」は、体内で発生した活性酸素による酸化ストレスが、細胞の機能を低下させる(ATP産生が低下する)ことに原因があると考えられています。

つまり、この酸化ストレスを軽減できれば日常生活で生じる様々な疲労を解決できると考えられます。

『イミダゾールジペプチド』には、活性酸素を除去する効果がある抗酸化成分であるということも今までの研究で分かってきました。

肉体疲労、精神疲労ともに細胞の酸化ストレスが深く関わっているなら、『イミダゾールジペプチド』はそのどちらにも効果があるといってもよいのかもしれません。

実は、とても身近な食材にイミダゾールジペプチドは含まれています。

その食材は「鶏胸肉」です。鶏胸肉のおよそ約100gに、200mg分の『イミダゾールジペプチド』が含まれているのです。

しかし、どんな食べ方でも『イミダゾールジペプチド』を摂取できるかというと、そうではありません。

『イミダゾールジペプチド』を摂取するのに一番適したメニューは鶏胸肉をじっくり煮込んだ「スープ」です。

鶏胸肉を熱水で約30分煮込むことで『イミダゾールジペプチド』がスープに抽出されます。

おいしく鶏胸肉を食べて、『イミダゾールジペプチド』で疲労に強いカラダを目指しましょう。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝