お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

血糖値を下げるとガンが嫌がる

従来から肥満、高血糖、インスリン感受性の低下(Ⅱ型糖尿病)は、すべてガンの増殖のリスクを高め、ガン患者の予後を悪くするという報告がなされています。

糖はインスリンというホルモンの分泌を促進します。

またインスリン様成長因子(IGF-1)という細胞の成長にかかわるタンパク質の産生を促します。

ガン細胞は、インスリン様成長因子に対する受容体(レセプター)を細胞表面に持ち、ガンの成長も加速させます。

インスリン様成長因子によって、細胞増殖経路(インスリン様成長因子経路)の活性化、細胞自殺機構(アポトーシス)回避、血管の新生といったガンの特徴がオンになることでガンの増殖を加速させていきます。

血糖値が下がると血液中のインスリン濃度が下がります。

そうするとガンの増殖の主要な経路といわれているインスリン様成長因子経路が働きません。

インスリンは増殖経路の上流にあるので、カロリー制限で血糖値を下げると増殖経路のスイッチがオンになりません。

実際にカロリー制限をすると、インスリン、インスリン様成長因子といったガンの成長を加速する因子が低下することが確認されています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝