お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ヒアルロン酸を飲んでも「関節痛の緩和」「美肌効果」は期待できない

ヒアルロン酸のサプリメントの広告に、

「ヒアルロン酸が潤いをサポート」

「一グラムのヒアルロン酸が6リットルの水を保持」

「年齢とともにヒアルロン酸は減少する」

「うるおい成分で肌を内部からサポート」

などという表現で宣伝していますが、

「ヒアルロン酸サプリが肌をプルプルにする」

「ヒアルロン酸サプリが膝の痛みに効果がある」

「ヒアルロン酸を食べることによって体内のヒアルロン酸が増える」

とは一切言っていません(まともなサプリ会社のものに限り、非常識な会社の広告はどうなっているかは調べていません)。

それもそのはず、ヒアルロン酸は口から摂取しても消化管で分解されてブドウ糖とアミノ酸になるだけで、ご飯と肉を食べるのと同じことなのですから。

スポンサードリンク

メーカーによって低分子化したとか、濃厚だとかいろいろ言っていますが、全部同じです。

ただし、ヒアルロン酸には保湿の作用がありますので、肌に塗るのはそれなりの意味があるでしょう。

つまり、ヒアルロン酸サプリメントを飲むこと(食べること)が肌や膝の軟骨に対して、なにかの影響を与える(サプリであるので効果・効能を書いた時点でアウトですが)とは主張していないのです。

ということは購入者が一方的に勝手に判断して自分の悩みをこのサプリメントが改善・解消してくれると思い込んでいるのです。

国立健康栄養研究所の見解によりますと「関節痛を緩和する、美肌効果があると言われているが現時点では経口摂取によって人体に有効であるという信頼できるデータはない」と冷たくあしらわれています。

気になる安全性ですが「適切な使用であれば経口摂取についてはおそらく安全だろうが、安全性を裏付ける信頼できるデータはない」とさらに冷たく記述されています。

万が一に備えてでしょうけど妊娠中は避けるべきでありとも追記してあります。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝