お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

女性ホルモンについて

人間の体の中では100種類以上のホルモンが分泌されているといわれています。

それぞれのホルモンは血液によって運ばれ、新陳代謝を促したり調節をするなど、体の状態を一定に保つ重要な役割を担っているのです。

その中でも女性に最も影響を与えるのは「女性ホルモン」。

「女性ホルモン」、大切なのは知っているけど、なんとなく良く分からないという人も多いのでは?

女性ホルモンはどこで作られているかというと、答えは「卵子」。

ですが卵巣が自ら判断して女性ホルモンを作っているわけではありません。

卵巣に女性ホルモンを出すように指令を出しているのは、脳の視床下部というところです。

視床下部は下垂体に指令を出します。

すると下垂体は性腺刺激ホルモンを分泌します。

この性腺刺激ホルモンは、黄体化ホルモンと卵胞刺激ホルモンという2つのホルモンがあります。

これらが卵巣に働きかけ、エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンを分泌させるのです。

これら2つのホルモンは、一定の周期でそれぞれの分泌量のバランスを変えながら、女性のカラダに作用しています。

では、それぞれの働きを見てみましょう。

エストロゲン(女性らしさを作るホルモン)

  • 肌の潤いを保つ
  • 髪をツヤツヤにする
  • 気持ちを明るくする
  • 記憶力を高める
  • 骨を強くする
  • 血管を強くする
  • 善玉コレステロールを増やし、悪玉を減らす
  • 代謝を促し、肥満を予防する

プロゲステロン(妊娠にかかわるホルモン)

  • 子宮内膜や子宮筋の働きを調節する
  • 乳腺を発育させる
  • 血糖値を正常にする
  • 体内の水分量を整える
  • 利尿作用がある
  • 食欲を促す
  • 眠くなる
  • イライラする、憂うつになる

いかがですか?

女性にとって気になる「美肌」「骨」」「心」など、女性ホルモン、特にエストロゲンは大きく関わっていますよね。

しかし、エストロゲンの分泌量は、20代後半よりピークを迎え、その後は徐々に減少していきます。

エストロゲン分泌量

プレ更年期を迎える35歳を過ぎ、40歳以上になるとグーンと加速して減少していくのです。

そして、その頃から、頭痛、めまい、肩こりといった症状に加え、疲労感や無気力感など心の症状などの更年期障害を訴える女性が増えてきます。

ホルモンは、まず脳が分泌するように指令を出しますよね。

それがうまくいかなくなると、脳が混乱し自律神経系や免疫系、情動系まで乱れ始めます。

中でも自律神経系が最も早く反応します。

血流や血圧、心拍、体温、発汗などにかかわる自律神経が乱れると、体温調節がうまく出来なくなったり、心臓が動悸したり、めまいがしたりします。

更年期障害と呼ばれるそれらの症状は、こうして起こるんです。

女性ホルモンに限らず、生きている上で欠かせない様々なホルモン。

ホルモンを良い状態に保つためにはどうしたらいいでしょう。

やはりここで大切なのは、「規則正しい生活を送る」こと。

睡眠不足や不規則な生活は、女性ホルモンの分泌を乱すといわれています。

また、ホルモンが分泌される場所(脳など)は、ストレスにとても左右されやすいことから、出来るだけストレスを溜めない生活を送ることも大切です。

食品添加物などに含まれる有害物質も、女性ホルモンの状態を乱すことがこれまでの研究から分かっているので、ファストフードやレトルト食品などに頼らず、出来るだけ家庭で作った料理を食べるようにしたいものです。

ホルモンはビタミンやミネラルなどと違い、体内にある細胞でしか作られないため、食事からはほとんど補給できないらしいです。

しかし、体内で女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをする「植物エストロゲン」と呼ばれる成分を含む食材もあるので、体調に合わせてうまく利用するのもいいですね。

大豆・納豆・豆腐など

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする代表的な成分。

骨粗しょう症や動脈硬化の予防に働きかけるといわれています。

ごま、小麦、えんどう豆など

これらの食品に含まれるレソルシル酸ラクトン類が女性ホルモンに似た働きをする。

更年期障害や生理不順などに効果があるといわれています。

アーモンド・かぼちゃ・アボカドなど

これらの食品に含まれる豊富なビタミンEも女性ホルモンに似た働きをします。

ホルモン分泌のコントロールを助けてくれ、生殖機能を正常に保つとされています。

更年期障害の長期的な治療にビタミンEが用いられることもあるといいます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝