お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ダイエットを始めてから1ヶ月後にくる停滞期の原因、ホメオスタシス機能とは?

ダイエットを始めた頃は体重が順調に減っていたのに、あるときピタリと止まってしまう「停滞期」を経験した人は多いのではないでしょうか?

停滞期が長引くと、食べたいものをガマンしているのに、痩せないことへのイライラが募り、やがて食欲が暴走してダイエット失敗・・・ということも少なくありません。

しかし、そもそも摂取カロリーより消費カロリーの方が多ければ、計算上は絶対に痩せていくはず。

それなのに何故、停滞期になると体重が減らなくなるのでしょうか?

これには、人間に備わっている防衛反応が関係しています。

ダイエットなどで食事量が減ると、体内は飢餓に備え、食品のエネルギー吸収率を高めたり、運動時の消費エネルギーを調節します。

そうすることで体重減少を防ぎ、命を守ろうとするのです。

いわば人間に備わった危機管理システムで、この働きを「ホメオスタシス機能」と呼びます。

しかし、この機能もしばらくすると解除され、ふたたび体重は減っていきます。

体重減少のスピードにもよりますが、停滞期に突入するのは一般的にダイエットをスタートさせた1ヶ月後あたりです。

そこから、体重が減りにくい状態が1ヶ月ほど続くと言われています。

この1ヶ月を乗り越えることが、ダイエット成功の鍵と言えそうです。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝