お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

サプリメントとは?

サプリメントとは、一般に、ビタミンやミネラルなど不足しやすい栄養素を補うための食品のことであり、栄養素を凝縮し、錠剤や飲料の形にしたものを指します。

栄養補助食品や健康補助食品とも言います。

アメリカでは、サプリメント=Dietary Supplements のことで、日常の食事(diet)で不足する栄養成分を補うための補助食品の総称です。

日本におけるサプリメントの明確な定義は存在しませんが、2001年4月、厚生労働省は、「特定保健用食品」と「栄養機能食品」を合わせ、「保健機能食品」とすることを制度化しました。

「保健機能食品」には科学的根拠が存在し、「サプリメント」と呼ぶにふさわしいとされますが、消費者は、いわゆる「健康食品」も含めて「サプリメント」と認識する場面が多いと思います。

健康食品とは?

「健康食品」とは、メーカー等が独自の判断で「健康食品」と称して販売している食品であり、法令上で定義されているものではありません。

いわゆる健康食品には、栄養補助食品、健康補助食品、サプリメント等の名称が含まれます。

保健機能食品とは?

「保健機能食品」は法令上に規定された食品であり、次の2種類に分けられます。

特定保健用食品(トクホ)とは?

「特定保健用食品(トクホ)」は、許認可制の保健機能食品です。

特定保健用食品は、個別に生理的機能や特定の保健機能を示す有効性および安全性等に関する国の審査を受け、厚生労働大臣によって許可(承認)された食品です。

栄養機能食品とは?

「栄養機能食品」は、規格型の保健機能食品で、特定の栄養成分(ビタミン・ミネラル類など)の補給のために利用されるものであり、パッケージに栄養成分の機能を表示する必要がある食品です。

特定の栄養成分(ビタミン12種類、ミネラル5種類のいずれか、あるいは複数の成分)について、1日当たりの摂取目安量(例えば1日2粒)に含まれる当該栄養成分量が規定の上・下限値の範囲内にある必要があり、栄養機能表示と合わせて注意喚起表示等もパッケージに表示する必要があります。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝