お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

強い疲労感でやる気が起きない人は心療内科を受診する前に血糖値を検査してください

疲れやすいといった場合、栄養学の観点からの診断は「低血糖タイプ」「ビタミンB群欠乏タイプ」、そしてそれらの病態が長引いて出てくる「副腎疲労タイプ」の3つに分かれます。

低血糖の人は、最終的には糖尿病になる確率が高いですし、疲労感が次第に鬱(うつ)症状を伴ってくることがあります。

そのときになってから病院を受診すると、「鬱病」と診断されることが多いのです。

そういうときは、心療内科を受診する前に、是非とも血糖値を検査してください。

鬱病の人に共通する症状は「どうしようもなく強い疲労感」です。

そのため、心療内科を受診して「疲れる。やる気が起きない」と訴えると、それだけで鬱病と診断されてしまうのです。

しかし、どうしようもない疲労感の背景には、低血糖があったり、ビタミンB群不足があったり、副腎疲労があったりするので、そちらのほうを先に疑ってみることが肝心です。

こうした症状はいろいろな原因で起こってくるにもかかわらず、医師のほうは、「わざわざ心療内科にやってくるからには・・・」という前提で、表面的な症状だけで診断してしまいます。

罹(かか)ってもいない鬱病にされ、まるで的外れな治療になってしまいかねません。

あげくに、対症療法的に薬を出されて、その副作用が出たり、薬への依存が出たりして、より問題が大きくなっていってしまいます。

場合によっては、本物の鬱病になってしまうこともあるのです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝