お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

疲労の分類と原因について

ストレス社会と言われる現代では、仕事で疲労やストレスを感じている人は7割以上(平成19年度国民生活白書による)にものぼります。

疲労は、痛みや発熱と並んで身体の三大アラームと言われています。

もし、人が疲労を感じなければ、休むことなくずっと働き続けて突然バタッと倒れてしまう突然死なんてことが起きてしまいます。

人の生命と健康を維持するための生体アラームとして疲労は存在するのです。

疲労の分類

疲労は、筋肉など身体の疲れである末梢(まっしょう)性疲労と、脳の疲れである中枢(ちゅうすう)性疲労に分けられます。

スポーツなどで激しい運動をした後や長時間身体を動かした後などは、全身がだるい感じになったりします。

これが末梢性疲労と呼ばれるもので、筋肉疲労や眼精疲労などが含まれます。

これら肉体的な疲労は、身体を動かすことによって溜まっていく乳酸などの疲労物質が原因とされます。

これに対し、脳の疲れである中枢性疲労には精神的ストレスや個人の性格などが影響している場合が多く、身体は疲れていないのに、だるいと感じたり、無気力になったり、頭痛や不眠などの症状が現れたりします。

疲労は、日常の生活で起こる生理的疲労と、病気が原因となる病的疲労にも分類することが出来ます。

生理的疲労は、日常生活の中で、精神や身体に負荷がかかった結果として作業効率が低下している状態で、休息を取れば自然に解消していきます。

これに対して、病的疲労とは、癌、エイズ等の疾患や鬱(うつ)病、睡眠障害等の精神疾患、慢性疲労症候群などの疾患による疲労のことで、比較的負荷の少ない状態であっても、慢性的な倦怠感や作業効率の低下が見られ、発熱やリンパ節の腫れ、記憶障害などの症状を伴うこともあります。

疲労の原因は何か?

エネルギー不足(過度の小食、偏食)

疲労が起きる原因として、まず挙げられるのが、身体のエネルギー源となるATP(アデノシン三リン酸)の不足です。

食事を抜いたり、過度に小食だったりしてATPの原料となる糖質や脂質、タンパク質を十分に摂取できていなかったり、偏食などによってATPの産生に関わるビタミンやミネラルなどを十分に摂取できていない状態だったりすると、体内で十分なエネルギーを産生することが出来なくなります。

その結果、身体はガス欠状態となり疲労が起こります。

乳酸・アンモニア(疲労物質)の蓄積

エネルギー供給が十分であったとしても、長時間の負荷やストレスによって疲労が発生します。

運動をしていると筋肉の中に乳酸が溜まりますが、この乳酸が多くなると、組織や血液が酸性に傾き、細胞の活動が低下してしまい疲労へと繋がります。

また、タンパク質をエネルギーへと変換する際や、古くなった細胞が分解される際に発生するアンモニアは、中枢神経の機能低下や筋肉中の乳酸の生成を促進し、疲労の原因となります。

物理的・精神的ストレス

きつい運動やストレスフルな仕事などによって骨格筋細胞や神経細胞に負荷が加わると自律神経が交感神経優位の状態となります。

すると、白血球内の顆粒級が増加して免疫機能が下がったり、活性酸素が過剰に産生され、その活性酸素によって細胞が攻撃されたりすることで細胞機能が低下します。

その結果、エネルギーの産生能力が低下(TCA回路におけるATP産生が阻害)し疲労へと繋がります。

栄養供給が十分な現代では、エネルギー不足により、仕事や人間関係、経済的なストレスによって起きる疲労の方が多いと考えられます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝