お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

肥満には「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」の2つのタイプがある

ダイエット志向の人が増え、若い女性から老人まで、太っていることを気にしている人は少なくありません。

とはいえ、その肥満が危険域に達しているのか、単に見た目の問題だけなのかは、脂肪が溜まる場所によって違ってきます。

肥満には、「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」の2つのタイプがあります。

このうち、病気リスクを高める危険な肥満は、お腹周りに脂肪がたっぷりついている内臓脂肪型肥満のタイプ。

俗に“メタボ腹”と呼ばれる体型の人は、病気を招くリスクが高まっている可能性があるのです。

ただし、勘違いもあります。

腹回りが太い=メタボリックシンドロームだと思っている人が少なくありません。

ですが、メタボリックシンドロームの定義は、ウエスト周り(へその高さの腹囲)が男性が85cm、女性で90cmを超えることに加え、高血糖、脂質代謝異常、高血圧の3つのうち2つ当てはまる状態の人のことを指します。

単に腹囲が太いだけでは、メタボとは呼ばないのです。

では、腹に脂肪がつく内臓脂肪型の何がいけないのでしょうか?

理由は、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を併発しやすくなるからです。

「血糖値がやや高い」「血圧がやや高い」など、まだ病気と診断されないレベルの人も、内臓脂肪を抱えていると、加齢に伴って、複数の病気を発症するリスクが高まってしまうのです。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝