お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

冷え性について

健康な人の体温はいつでも36℃前後、どんなに寒い日でも体温が同じなのは不思議だと思いませんか?

私たちが食べ物を食べるのは、新しい細胞をつくるためもありますが、体温を維持するために食べるのです。

クルマはガソリンを燃やして走りますよね。それと同じ現象が体の中で起きているのです。

では、なぜ体温を保つ必要があるのでしょうか?

一言で言えば「酵素のため」
生きるために絶対になくてはならない酵素を円滑に働かせるためなのです。

身体のあちこちでは、食物からエネルギーを生み出したり、生命活動に必要な化学反応、すなわち代謝が絶えず行われています。

これらの化学反応に触媒として機能する分子が酵素なのです。

酵素は食べ物を消化吸収する、息をしたり、筋肉を動かしたりと、生命活動の全てに関与しているのです。

すなわち、酵素の働きが無くては、人間も動物も生きることができないのです。

そんな凄い働きをする酵素には、最も活性化し反応する速度が増す温度があります。それが体温と同じ36~37℃。

この温度が下がっても、上がっても、酵素の反応は急に減少するのです。

では、人はどうやって体温を保っているのでしょうか?

その鍵を握っているのが、脳の視床下部です。

視床下部には「体温調節中枢」があり、体温を調節する司令塔のような役割を果たします。

この視床下部の体温調節のメカニズムは、エアコンの自動温度調節機能に似ています。

まずは、視床下部で適温が設定されます。この適温のことを「セットポイント」と呼びます。

セットポイントは通常、平熱である37℃前後に設定されています。

しかし、たとえば感染症などに罹患し体温を高く保たなくてはいけなくなった場合などには、セットポイントが38~39℃に設定されます。

視床下部では、外気と体温の温度情報の「差」を把握して、セットポイントに戻すために指示を出すのです。

では、外気が冷たい時と暑い時、体は体温をセットポイントにどうやって調節しているのか

まずは、寒冷の時

  • 皮膚の表面や手足の末端は もともと熱を放出しやすいので、寒い環境では毛細血管を収縮させて、熱を運ぶ血管が流れないようにします。
  • 末端の放熱を防いでも体温が下がり続ける場合、視床下部は「熱をつくれ」と命令します。骨格筋の収縮によって震えを起こし、熱を産生させます。寒くなると体が自然にブルブルと震え出すのは、視床下部からの命令が筋肉に伝わるからです。

酷暑の時

  • 外気が体温より高い環境にさらされると、視床下部からは「熱を放出せよ」という命令が出ます。まずは、血管の弛緩によって血流を促し、体内の熱を外に逃がします。
  • それでも体温が下がらない場合、視床下部は「汗を出せ」と命令します。皮膚の表面で汗が気化して水蒸気になる際、皮膚表面の熱を奪います。これを気化熱といいますが、この気化熱を放出することによって、体温を下げようというのです。
  • 骨格筋の弛緩によって、熱の産生を抑えます。

視床下部の仕事

体温を調節する司令塔の視床下部には、多くの仕事があります。

内臓の働きや内分泌の働きを制御し、生命現象をつかさどる自律神経系の交感神経・副交感神経機能および内分泌機能を全体として総合的に調整しています。

体温調節、抗利尿ホルモン、血圧、心拍数、摂食行動や飲水行動、性行動、睡眠、子宮筋収縮、乳腺分泌などの本能行動、怒りや不安などの情動行動(大脳皮質・辺縁系皮質)の調整、自律神経系をコントロールする中枢の役割の他、内分泌(下垂体ホルモンの調整)の中枢も担っています。

いかがですか?

視床下部は、自律神経系、内分泌系、睡眠中枢など、実に様々な生体機能の中枢であることが分かります。

そのため、各機能同士は密接に影響を与え合い、ある機能が何らかの原因で障害を受けたり故障を起こすと、他の機能にも影響が生じてしまうのです。

たとえば、ストレスを受けると自律神経系が乱れて、同時にホルモンバランスを乱し、睡眠障害を起こし、お腹が空いたり喉が渇いたりと、他の中枢機能にも影響を与えます。

冷え性の原因

なんだか、とっても前置きが長くなってしまいましたが、体温の調節の司令塔は視床下部。

その視床下部が支配する機能に最も広範に影響を与える要因は過剰な冷暖房、食生活の乱れ、不摂生、ストレスです。

そういったものによって、視床下部によってコントロールされている自律神経が乱れるのです。

自律神経系が乱れると、体温調節機能が正常に働かず、手足の血流量が必要以上に抑制されます。

これが「冷え性」です。

また、老化も冷え症の1つの原因です。
老化が進むと、新陳代謝は不活発になり、内臓の働き、ホルモンの分泌が衰えます。

消化機能が衰えると、栄養の吸収も悪くなります。
心臓や血管も衰えると、血液や組織液の巡り方も遅くなって酸素や栄養の供給が滞るのです。

冷え性が他の病気の引き金に

冷え性は病気と認められていないような状態にあるため、適切な治療をせずに我慢をしていることも多いようです。

しかし、冷え症を放っておくと、様々な病気の引き金となってしまうのです。

たとえば、胃下垂、胃潰瘍、子宮筋腫、更年期障害、膀胱炎、腎盂炎、腰痛、神経痛、肩こり、めまいなど、冷え症を放っておいたなりやすい病気と冷え性があるから治りにくい病気があります。

たかが冷え性とあきらめず治療を試みるべきなのです。

冷えのタイプ

ところで、ひとくちに冷え症と言っても、人それぞれ体質が違うので原因も異なってきます。

  1. 新陳代謝が低下して冷えるタイプ
  2. 胃腸の働きが弱くて冷えるタイプ
  3. 血の流れが悪くて冷えるタイプ
  4. 水分が停滞して冷えるタイプ
  5. ストレスによって冷えるタイプ

どのタイプにも共通して言えるのは、栄養不足ではないかと私は思います。
体温を一定に保つのは、とてもエネルギーが必要なのです。

その証拠に、人間は食物から使った全エネルギーのうちの75%も体温維持に使っているのです。

やはり、体内でエネルギーに変える栄養素とともに、しっかり食べることが「冷え症」対策の要となりますね。

そして、運動、睡眠、バランスの良い食事(良質のタンパク質をしっかり食べる)、お風呂に浸かること。
日々の暮らしを丁寧にすることは不可欠ですよね。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝