お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

冷え性

冷えは万病のもと

冷え性とは、手足や腰などの体の末端が常に冷えている状態です。

氷のように冷たくなることもあれば、逆にほてりやのぼせ(不快な熱さ)を感じることもあります。

冷え性の正体は血行不良です。

手足の末梢血管に血液が行き届かないために起こるもので、頭痛やめまい、肩こり、便秘、関節の痛み、むくみ、膀胱炎、不眠などの全身の不調の原因になります。

特に、体内部の体温(深部体温)が低いと免疫細胞の働きが悪くなり、免疫力の低下が起こるとされています。

冷え性は女性に多くみられます。

男性に比べて体脂肪が多く筋肉量が少ないため、体が熱を作りにくいのです。

体熱の多くは筋肉で作られる

血行不良が起こる原因として、自律神経の乱れがあります。

自律神経は体温を調節する役割があり、暑いときは血管を拡張させて体温を発散させ、寒いときは血管を収縮させて体温が逃げるのを体温が逃げるのを防ぐ働きをします。

ストレスや更年期障害によっても自律神経の働きが悪くなるので、注意が必要です。

冷えを感じるときは、ねぎやしょうが、とうがらし、ニンニクなど血行を良くする食物がお薦めです。

体を冷やすといわれる糖分や脂肪は控えましょう。

塩分は体液の濃度を上げ、血行不良の原因となります。

他にも、入浴やストレッチ、マッサージ、適度な全身運動などで筋肉のこりをほぐし、血行を良くしましょう。

おすすめ食品・成分

【とうがらし】
カプサイシン・・・発汗作用がある、血行を促進する

【肉類】
鉄・・・赤血球を増やすので、酸素の運搬量が増える

【しょうが】
ジンゲロール・・・血行を促進する

冷房病って?

人間の体は、通常一定の体温に保たれています。

しかし、冷暖房の普及によって、外気温と室内の温度に極端な温度差が生じるため、体温調節能力が狂い、自律神経の働きにも影響が出てきます。

これが冷房病で、頭痛や肩こりなどの症状が起こります。

冷房病を防ぐには、室内外気温の差を5度以内に設定します。

人参、レンコン、ゴボウ、大根などの根菜類やカボチャなどの野菜は体を温めます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝