お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

サプリ容器に書かれている栄養成分の配合量には誤差が認められている

栄養素の中には熱に弱いものもあります。

高温や高圧がかかる製造方法では栄養素が変性してしまう可能性があります。

ですから、サプリメントの容器に書いてある通りの栄養素が含まれていないこともあります。

スポンサードリンク

サプリメントに含まれるビタミンやミネラルの量は、種類にもよりますが、マイナス20%からプラス50%くらいまでの測定誤差の許容範囲が設定されていますので、測定した結果が表示を少し下回っても制度上は許されることになります。

あるいはメーカー側は、ちゃんと指示して作らせていても、生産を委託している工場から仕上がってきた最終製品に記載通りの量が含まれていないこともあります。

こうしたことは製品パッケージからは読み取れない部分です。

生産する工場をどのように選んでいるか、製造方法にこだわっているか、最終製品における栄養成分分析を行っているかどうか、などはメーカーの良心や誠実さによってまちまちなのです。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝