お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

H2ブロッカー系胃腸薬の常用で胃の殺菌力が低下。深刻なタンパク質の吸収障害も

以前は医師にしか処方できなかった作用のきつい薬品が、規制緩和によって一般の薬局や一部のドラッグストアでも買えるようになりました。

胃の痛みや胸焼けなどの症状がある人たちが、自己判断でそれらを服用することによって、かえって新たな問題を引き起こしている例も少なくありません。

たとえば、H2ブロッカー系の胃腸薬は、胃の酸を抑える効用が、かなり強いのです。

これを常用していると、胃の殺菌力が低下し、結果として十二指腸や小腸の細菌数が増えてしまいます。

昔から、世の中には「胃の症状は胃酸過多によって起こるもの」という固定概念が強くありますから、とにかく酸を抑えようという発想になりがちで、こうした薬を飲んでしまうのでしょう。

現在は酸という攻撃因子とそれを防御している粘膜・粘液のバランスの崩れが胃の症状を起こす、という考え方が常識になっています。

胃壁の防御力の方が著しく低下していれば、たとえ胃酸の量が少なくても、胃酸の影響の方が強く出ます。

その結果、胃酸を抑える薬を飲んでしまいます。

もともと胃酸は十分になければならないもので、減らすべきではないのです。

この場合、むしろ防御因子を増やして、胃壁の粘膜を丈夫にしてやるのが治療となるはずです。

ところが、いまだに、胃がムカムカするというと、胃の酸が多いか少ないかを確認しないまま、酸を抑制する薬品を出してしまう薬剤師もいます。

胃の酸性が弱いと、食べたものと一緒に細菌も十二指腸から小腸に流れていきます。

小腸で細菌が増えると、栄養素の吸収に問題が生じ、必要な量を食べているのに栄養不足、身にならないということが起こってくるのです。

とくにタンパク質の吸収障害は深刻な問題です。

食材に含まれるタンパク質を最初に分解するときに必要な酵素がペプシンです。

胃から分泌されるペプシノーゲンが胃酸によってペプシンに変わるのですが、胃酸がなければペプシンが出来ないので、タンパク質は未消化のまま小腸に流れていってしまいます。

すると、小腸の負担が大きくなり、タンパク質の吸収が悪くなるのです。

異化・同化の関係でいえば、同化をさせるための材料の吸収がうまくいかなくなって、身体の若さを保てなくなり、老化が進むということになってしまいます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝