お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

植物油の毒性問題を意識したラーメン「サッポロ一番 グリーンプレミアム0(ゼロ)」

麺にもスープにも油を使わない脂質0のインスタントラーメンのテレビCMが流れています。商品名は、「サッポロ一番 グリーンプレミアム0(ゼロ) 醤油ラーメン」。ノンオイルスープ、ノンフライ麺で、コレステロール0を謳い文句としています。醤油のほかに海鮮ラーメンと鴨だしうどんもあるそうです。

従来品の「サッポロ一番 みそラーメン」の脂質は17.1g(1袋100g)です。ちなみに「しょうゆ味」の脂質は15.8g。脂質の内訳はラード(豚の背脂)6:パーム油4ですから、脂質0は画期的です。

おかしいと思うのは「コレステロール0」という謳い文句です。新商品で脂質0、コレステロール0を強調していますが、従来品で使っているラードは100g中0.1g、パーム油も100g中0.001gですので、“ほぼ”コレステロール0です。

従来品でもコレステロール0だったのに、新製品で「コレステロール0」と強調するのは、とても不自然です。ことさらコレステロール0を謳うのには、別の理由があるのだと思います。おそらく、いまだに根強い「コレステロール=悪」という消費者の間違った認識を隠れ蓑にして、危険性が指摘される植物油(『トランス脂肪酸に劣らぬ危ないパーム油。大腸がんや糖尿病のリスクも』参照)を密かになくすのが目的だと思われます。つまり、実際に0にしたのは、コレステロールではなくラードとパーム油なのです。

テレビ、新聞などの大手メディアは、サラダ油やパーム油など植物油の毒性を報じませんが、多くの植物油の害を訴える、いわゆる“油本”は書店にコーナーができるほど売れています。こうして、確実に植物油の問題が消費者の間に広まっていることを食品メーカーが知らないはずがありません。

サラダ油の害を指摘する著書が多い山嶋哲盛氏曰く、「植物油の毒性問題が消費者に広まることは、食品加工メーカーにとって死活問題」ですから、どのメーカーにとっても“脱油”がこれからの重要課題です。その先鞭が、このノンオイルラーメンなのだと思います。

・原材料 めん(小麦粉、食塩)、スープ(しょうゆ<本懐石20%使用>、ポークエキス、たん白加水分解物、チキンエキス、糖類、かつお節エキス、食塩、煮干しエキス、アゴエキス、酵母エキス、香辛料、メンマパウダー、かつお節粉末)、加工でん粉、調味料(無機塩等)、かんすい、酒精、カラメル色素、香料、クチナシ色素、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、(原材料の一部にさば、ゼラチンを含む)

手軽に食べられるインスタントラーメンは、いまや日本だけでなく世界中の食生活に浸透しています。それを「直ちにやめなさい」と言ったところで、現実には難しいと思いますので、従来の悪い油のインスタントラーメンを食べるよりは、このノンオイルラーメンはかなりましだと思います。

また、アマニ油やエゴマ油などの良い植物油を足して食べれば、不足しがちなオメガ3脂肪酸の補給になります。アマニ粒をふりかけるのもいいでしょう。添加物は気になりますが、悪い油を避ける“少油生活”には現実的なアイテムだと思います。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝