お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

食べても太りにくい「低GI食品」とは?

残念ながら、「これさえ食べていれば体脂肪が減る」という夢のような食品は存在しません。

ただし、太りにくい食品を選んで食べることで、肥満予防に役立てることはできます。

それが「低GIダイエット」です。

食品に含まれる「GI値」に注目し、低GI食品を選んで食べるという方法で、辛いカロリー制限がないことから、実践する人が増えています。

GI値は、グリセミック・インデックスの略で、炭水化物が体内で分解され、糖に変わるまでのスピードを表した数値のことです。

GI値の低い食品は、食べても血糖値が急激に上がりません。

そのため、インスリンも過剰に分泌されることはありません。

低GIダイエットは、血糖値とインスリンの作用をダイエットに利用したものです。

膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンは、体内に入った糖を速やかに各組織へ送る、いわば“誘導係”のようなものです。

食事から糖質を摂って血糖値が上がると、インスリンが分泌されて糖を各器官へ誘導していきます。

すると、血糖値は緩やかに下がっていきます。

一方、糖質を多く含む食品を食べたり、ドカ食いしたりすると血糖値は急激に上がり、その分、糖を誘導するインスリンも多く必要になり、過剰に分泌されます。

すると、過剰なインスリン量を察知した体は、余った糖を蓄えようと働くのです。

この反応によって糖は脂肪へと変えられ、蓄積されていきます。

つまり、血糖値の急上昇を抑えればインスリン量も控えめになり、糖が脂肪として蓄積することもありません。

そこで登場するのが「低GI食品」というわけです。

食品のGI値は調理法によっても変わりますが、一般に低いと言われるのは、たとえば炭水化物では、そば、玄米、全粒粉パンです。

野菜では、ホウレンソウなどの葉もの、きのこ、ピーマン、カブなど。

また、ナッツ、ヨーグルト、チーズ、バターなどは、カロリーは高いですがGI値は低いです。

GI値が高いのは、白米、食パン(精製小麦)、ラーメン、ニンジン、カボチャ、ジャガイモなど。

外食には丼ものやラーメンなど、GI値の高いものが多いです。

ダイエットを考えるなら、栄養のバランスを崩さない範囲で、意識して低GIメニューを選ぶようにしてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝