お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

体、精神、そして細胞の元気

皆さんは、体が元気な時は やる気や集中力もある。つまり脳も元気だということにお気づきでしょうか?

体の調子の良いときは頭の調子も良く、やる気満々になることはありませんか?

またその逆に、風邪などで体調が思わしくないときには、やる気も失せ、人生全体にさえ悲観的にもなることはありませんでしたか?

脳の元気=精神力や集中力は体の元気と切り離せないことにお気づきでしょうか?

すべて細胞の健康と元気が基本

個々の細胞が元気に、また正常に その機能を果たしてくれていれば滅多なことで病気になることなどありません。

「元気な人」は病気にかかりにくかったり、ストレスに強かったりと、良いことずくめですが、同様に「元気な細胞」も細胞レベルの病気になりにくく、ストレスへの抵抗力も強いのです。

それでは、その細胞が「元気」でなくなる原因は何でしょうか?

細胞はいろいろな理由で その機能を失ったり、死滅したりします。その中で、フリーラジカル(活性酸素など)によるダメージに関しては広く宣伝され「抗酸化性のあるサプリメントを摂りましょう」という呼びかけは多くの方が耳が痛くなるほど聞いていると思います。

毒性のある物質を取り除く「解毒」を行うことも細胞の健康には大変重要ですが、これも広く知られていることだと思います。

(ここでちょっと横道にそれますが、「細胞は一部死滅しても周りの細胞が分裂して その死んだ細胞にとって代わられるから あまり問題でないのでは?」と考える方もいらっしゃいますが、これが問題なく再生してくれるのは私たちが若いうちだけで、中年以降では もう寿命に近づいた細胞が増えているのです。この寿命が近い細胞は分裂すると おかしな細胞しか作れずに自滅していきます。また その細胞再生のために必要なホルモンなどの多くの物質も年齢とともに不足していきます。)

しかし どのサプリメント会社の文献でも、抗酸化や解毒ほど取り沙汰していないのが「細胞を元気に保つこと」と、そのために「細胞にエネルギーを十分供給すること」です。

私が特にこれを重要として取り上げる理由は、細胞が栄養不足や餓死状態になり内臓の機能が低下し慢性病の原因となることは決して稀なことではないからです。

人間は何かしら食べていれば まあまあ元気でいられますが、細胞の場合は食べられるものは、ただ唯一の物質に限られていることをご存じでしょうか?

それはブドウ糖ではありません。厳密にいえば、食べ物から栄養素を吸収し処理しているのは個々の細胞の中にある、ミトコンドリアという小器官なのです。

そして このミトコンドリアが糖や中性脂肪などを使ってATPという、細胞がエネルギー源として使える唯一の物質を作り出しているのです。

細胞の元気のための基本は十分なATP

すべての生命活動のエネルギー源はATPです。これ以外に細胞がエネルギー源として使えるものはありません。

(ATPとはアデノシン三リン酸といいます。アデノシン三リン酸が二リン酸になるとき、リン酸が一個外れるのですが、このとき高いエネルギーが発生し、すべての細胞は このエネルギーで生きています。)

つまり このATPが不足すれば細胞は餓死状態にもなり、死なないにしても抵抗力のない弱弱しい細胞に成り下がったりということが起きるのです。

逆に十分なATPが供給されていると、多少のストレス、例えば酸化ストレス、毒物によるストレスなどに負けない強い細胞になれるのです。

ここで無視できないのが我々の体を外敵から守ってくれる免疫細胞です。免疫細胞もATPを使って自己増殖をしたり、細菌やウイルスと戦ったりするときのエネルギーとして使います。

そこから ATPが十分生産されることが免疫強化の必要条件の1つであることは容易に想像できますね。

細胞を元気にすることは一時的効果だけではない

十分なATPの供給によって元気な細胞は、その所属する器官や その細胞が与えられた役割をきちっと果たしてくれるようにします。

元気に保つことで、病原菌から守ってくれる細胞(免疫細胞)や、解毒してくれる肝臓の細胞、などの必要不可欠な機能がうまく強力に働いてくれます。

これによっても、病気になりにくい体や きれいな体を作ることに大きく貢献します。

病気になると老化が一気に進むことは以前何度か申し上げましたが、この効果も含めると、老化を少なくとも三重(さんじゅう)の意味で遅らせてくれているのです。

つまり、

  1. 免疫を強化して感染症になりにくい体にする。
  2. 肝臓の解毒効果を助長して細胞のストレスを減らす。
  3. 細胞でのATP生産を増やし、その寿命を延ばし、また死滅を減らす。

これ以外にも、抗酸化、抗糖化、抗炎症効果、毛細血管の血流改善、血管強化、ボケ防止などの効果が期待できます。

このように多岐にわたる効果があるために、十分な配合量のビタミン&ミネラルが必要となります。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝