お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

サプリメントを利用した癌(がん)患者の栄養管理とは?

癌(がん)患者の中には、救いを求めて通常の治療のほかにサプリメントを飲んでいる方も多いようです。

癌の種類や進行度合いにもよりますが、基本的な栄養素の補給が大切です。

最近では大量のビタミンCを点滴する高濃度ビタミンC点滴療法という方法も注目されています。

ガン細胞は非常に分裂が速いので、自分の成長のためにどんどん栄養を吸い取ってしまいます。

すると正常な細胞が栄養不足で衰弱してしまいます。

一方で体内で癌と戦う免疫細胞(主にリンパ球)もしっかり働くために栄養素を必要としています。

ですから、ガン患者の栄養管理はとても重要な問題です。

癌にできるだけ栄養素を取られずに、正常な細胞に必要な栄養を届けるにはどうするかということです。

ガン細胞は大量のブドウ糖を消費します。

血糖値が上がりやすい炭水化物に偏った食事は癌を喜ばせることになるので避けるべきでしょう。

また、糖尿病の患者さんは、癌の発生率が高いことが知られています。

ガン予防の意味でも過剰に糖分を摂ることは控えた方がいいのです。

スポンサードリンク

体内でガン細胞をやっつけるのは免疫細胞(リンパ球)ですから、栄養補給の面からはリンパ球がどうしたら活性化されるのかということが大事です。

リンパ球は必要十分な抗酸化物質がないと戦えません。

リンパ球が癌やウイルスに侵された細胞の掃討作戦を行うと、活性酸素が大量に発生して、自分たちもダメージを受けてしまいます。

それを防ぐために、活性酸素を消去する抗酸化物質が大事なのです。

抗酸化物質にもいろいろありますが、ビタミン類ではビタミンC、ビタミンEなどがあります。

特にビタミンCは、しっかり摂取すべきでしょう。

もし、私自身が癌にかかったとしたら、体に十分な栄養を補給しつつ、ガン細胞にはエネルギーを与えないよう、炭水化物を控えめにして、タンパク質やビタミン、ミネラルたっぷりの食生活を心がけます。

サプリメントを摂るとしたら、やはり基本的な微量栄養素の補給のために、高性能のマルチビタミン&ミネラルを中心にするといいと思います。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝