お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

代謝異常をターゲットにしたガン治療であれば正常細胞に悪影響を与えない

ガン細胞は糖とグルタミンの発酵によって生き延びています。

そうすると、ガン細胞の栄養となる この2つの物質をターゲットにする(兵糧攻め)方法をとると、ガン細胞に決定的な打撃を与えられます。

しかも このガンのエネルギー代謝に注目した方法は、ガンの種類、起源、転移にかかわらず効果を発揮できます。

その一方で、ガン遺伝子、ガン抑制遺伝子あるいは増殖シグナル経路をターゲットにした治療(その代表が分子標的療剤)は、正常細胞にも影響を与えてしまいます。

あくまでもガン細胞は自分の細胞であり、正常細胞の増殖システムを借用しているにすぎないからです。

ガン細胞に特有の発酵という代謝異常をターゲットにした治療であれば、正常細胞に悪い影響を与えることなく、ガンのみをターゲットにした根本治療になります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝