お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

「ガン幹細胞仮説」の限界

本当に遺伝子(DNA)にアットランダムに起こる突然変異だけで、これほど多くのガンが引き起こされるのかという疑問が残ります。

さらに、ガンが無限増殖することや抗ガン剤、放射線などを徹底的に施しても再発・転移することから、ガンにもガンの親玉にあたる幹細胞があるのではないかと考えられています。

これを「ガン幹細胞」といいます。

幹細胞とは、もともと正常組織の中に数%含まれているスペア細胞です。

組織の細胞が何らかの原因で死滅したり、ダメージを負ったりしたときに新しい細胞を供給する細胞です(ちなみにiPS細胞とは、普通の細胞を遺伝子操作して「幹細胞もどき」にしたものです)。

この幹細胞がガン化したものが「ガン幹細胞」で、ガンが生まれる元になっている親玉細胞と考えられています。

この細胞がある限り、永続的にガン細胞を作り続けることになります。

わかりやすく例えると、

・女王蜂は「ガン幹細胞」
・働き蜂は「普通のガン細胞」

に相当します。

ガン幹細胞もガン組織の中に数%あるとされています。

ガン幹細胞(女王蜂)は、増殖が普通のガン細胞(働き蜂)よりも緩やかな為、従来の細胞の分裂・増殖をターゲットにした抗ガン剤や放射線が効きにくくなります。

この「ガン幹細胞」をガンの発生の原因とする仮説を「ガン幹細胞」仮説といいます。

この仮説がガン発生の有力な説として ここ20年くらいガン学会でも提唱されてきました。

ガン幹細胞が残っている限り、いくら三大療法で見える範囲のガンを叩いても直ぐに再発・転移してくると考えられています。

近藤誠医師の提唱する「本物のガン」は、このガン幹細胞のことを指しています。

つまり、「本物のガンは発見されたときには既に転移している」という定義です。

ところが、多くのガン幹細胞では、全身の転移を起こしません。

これは、動物実験では詳しく確かめられています。

たとえば、実験的に作られたガン幹細胞の脳腫瘍マウスモデルでは、数年経っても周囲に強く拡大・浸潤(しんじゅん)したり、全身に遠隔転移したりしません。

また、ガン幹細胞(女王蜂)から普通のガン細胞(働き蜂)が分裂してくるのであれば、ガン組織のガン細胞の遺伝子変異にバリエーションが多いことを説明できません。

女王蜂と働き蜂の遺伝子は同じはずです。

以上から現代医学のガン治療が依拠(いきょ)する仮説、「ガン遺伝子仮説」「ガン幹細胞仮説」のいずれもガンの発生・増殖を明快に説明できる統一理論とはなりえていません。

依然、ガンの原因については明確な説明がなされないまま紛糾しています。

原因が分からないのであれば根治治療もできるはずがありません。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝