お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

「ガン幹細胞」仮説の無理

ガン細胞の転移のメカニズムには「上皮間葉転換(EMT)」説の他に「ガン幹細胞」仮説があります。

大抵の組織では幹細胞という未分化(いろいろな細胞に分化していく潜在能力を持つ)の細胞があります。

これは組織がダメージを受けたときに、新しい細胞を供給するための予備として存在するものです。

この組織にある幹細胞がガン化して「ガン幹細胞」になったものが転移性ガン細胞の起源であるという説が「ガン幹細胞」仮説です。

それには理由(わけ)があります。

この幹細胞とガン細胞には、発酵をエネルギー源とし、よく似た遺伝子変化を起こしているという共通の特徴があるからです。

ところが、幹細胞の性格を備えたガン細胞の多くは転移しません。

ただし、ひとつだけ例外があります。

それは骨髄系細胞の幹細胞由来のガン細胞です。

骨髄系の幹細胞由来のガン細胞は、マクロファージという白血球の特徴(血流に乗り全身を循環する)を持ち、全身に転移します。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝