お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

夏の冷房病対策と冬の寒さ対策として温めるべき3つのポイントは?

シャワーが完備された結果、現代人は昔ほど湯船に浸(つ)からなくなったと言われます。

湯船に ゆっくり浸かる習慣が少なくなったことと、低体温は無関係ではありません。人は体を冷やすこと、温めないことが常習化すると体温が下がって低体温になるのです。逆に、入浴などで習慣的に体を温めていると体温が上がってきます。

冷房の普及もシャワーの普及と同様、低体温の原因になります。

暑さを乗り切るために冷房を効かせるのは いまや常識となっていますから、昨今の日本の夏はどこにいても冷房が効いています。店舗などでは冷房が効きすぎて、寒いくらいの状態です。涼しい夏を過ごせるようになった一方で、過度の冷房が体を冷やし、低体温の原因となっているのです。

私たちの体は、夏になると体内での発熱を抑制し、熱を逃がしやすい体質に変化しています。冬なら寒さを感じると血管が縮むのが普通の反応ですが、夏場は冷房の効いた室内にいても血管が縮みにくいため、体内の熱が逃げすぎて体が冷えやすくなります。

また、冷房の効いていない外との激しい温度差によって、自律神経のバランスが崩れてしまうこともあります。

体温調整や発汗などは自律神経がコントロールしていますから、そのバランスが崩れると「冷え」に対しての抵抗力が弱くなり、いわゆる冷房病と呼ばれる症状に陥ります。

冷房病とは足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、下痢、不眠など「冷え」によって起こる様々な症状の総称です。

夏の冷房病対策と冬の寒さ対策には、漢方でいう温めるべき3つのポイントに注意することが重要です。そのポイントは「首」「お腹」「足首」です。

首にスカーフやマフラーを巻く、足首までカバーできる靴下やハイソックスを履く、また腹巻をするなどで、非常に効果的に冷えから守ることができます。

また、こうして冷え過ぎから体を守ることで低体温になるのを防ぐこともできます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝