お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

酸素不足を解消する深呼吸

慢性的な酸素不足も低体温の原因になります。

慢性的な酸素不足の状態とは、日本では仕事や家庭環境などでストレスを抱えた場合が最も多く、こうした状況のときには酸素不足になりやすいので注意が必要です。

では、なぜ酸素不足になると低体温になるのでしょうか。

人間が細胞でエネルギーを作るときには、熱を発生する方法と発生しない方法の2つがあります。

そして、熱を発生する方法は酸素を必要とするため、酸素が不足すると熱を発生させないエネルギー生産ばかりが行なわれて、結果として体温が下がるのです。

酸素不足を解消する最も簡単な方法は「深呼吸」です。

深呼吸はストレスを低減する効果も高いので、あまり難しいことを考えずに長く息を吐けばOKです。

呼吸とは文字どおり呼気と吸気、つまり、息を吐くことと吸うことから成り立っています。

重要なのは息を吐くほうで、これがストレスの緩和などに関わる自律神経と繋がっています。

1日の始まる朝などに朝日を浴びながら、長く息を吐くことに意識を集中してください。

また、ストレスを感じたときや気分転換をしたいときなども、とにかく深く考えずに、長く息を吐くことに意識を集中します。

最初は難しいと思いますが、出来れば20秒くらいかけて長く息を吐くことを習慣にすると、知らないうちにストレスが緩和され、体温まで上がってくるのです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝