お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ガンの抑制に寄与するミネラルとは?

ガンの抑制に重要な6種のミネラルについて簡単に説明します。

セレン

セレンを多く摂れば多くのタイプのガンのリスクが減るという証拠が多数の論文に書かれています。

水銀、カドミウムなどの有害重金属から細胞を守ってくれる最も重要なミネラルといえます。(推奨量は100から250マイクログラム)

亜鉛

亜鉛が不足するとガンに(特に食道ガンに)罹りやすくなります。

細胞が分裂するときにDNAコピーに失敗しやすくなることが分かっています。

クロム

クロムはインシュリンと一緒になって血中の糖を細胞に引き入れ血糖値を下げる働きがあります。

血糖値が高いことはガンのリスクファクターとして重大なので、血糖値を低く保つためにクロムは欠かしてはなりません。

モリブデン

モリブデンはシステインとともに代謝生成毒の尿酸や硫化化合物の無害化に関わっています。

カリウム

ナトリウム(食塩)ばかりが多く、カリウムが少ない食事ばかりを摂る人にはガンや心臓病の発生率が高いことが分かっています。

カリウムは毎日1グラム以上の摂取が必要とされているため、サプリメントでは摂りきれません。

野菜と果物類からこのミネラルを摂ることは必要不可欠です。

マグネシウム

マグネシウムの不足も細胞のガン化に大きく寄与することが動物実験でも、臨床研究でも明らかになっています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝