お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ガンに効果的な温熱療法

ガン細胞は低体温の環境が好きで、35℃以下あたりで最も増殖すると言われます。

そして、約43℃以上で死にます。

これに対して正常細胞は43℃以上でも耐えられるので、この温度差でガンを治療しようというのが、ガン温熱療法の基本的な仕組みです。

ガンが熱に弱い理由は、体温調整ができにくいためです。

ガン細胞はブドウ糖だけがエネルギー源なのですが、盛んに増殖するためには正常な細胞よりも多くのブドウ糖を必要とします。

そのため、新生血管というガン専用の新しい血管を勝手に作って、ブドウ糖をいっぱい横取りするのです。

しかし、この血管には欠陥があるので、栄養補給は出来ても体温調節が出来ないのです。

ところで、ガンの温熱治療は一般的に乳ガン、前立腺ガン、皮膚ガンなど、体の表面近くの温度が上がりやすい部位のガンには効果が出やすく、熱の届きにくい体の奥のガンには効果が出にくいようです。

また、肝臓ガン、腎臓ガン、肺ガンなど、もともと血流量が大きい場所に出来たガンは熱を逃がしやすいので効果が薄いようです。

もうひとつ、温熱療法がガンに効く理由があります。

体温が38.5℃くらいに温まると、人間の体には熱ショックタンパク質(HSP、ヒートショックプロティン)というものが作られます。

このタンパク質は別名、抗ストレスタンパクといって、様々なストレスに対抗して免疫力を増強するタンパク質で、ガン細胞と闘う強力なパワーにもなるのです。

この治療法は、愛知医科大学准教授の伊藤要子先生らが提唱している方法で、「マイルド加温療法」と言います。

マイルド加温療法は、ガン細胞を殺すことが目的ではありません。

38.5℃程度に温めて体の中のHSPを増やし、壊れた細胞の修復や体内環境を改善して正常細胞をガン化しにくくすることが目的です。

また、ガン細胞は通常、細胞膜から見えない程度にしかガン抗原が顔を出していないので、免疫細胞から見過ごされることが多いのですが、マイルド加温するとガン細胞の抗原がHSPと結合して目立つため、免疫の攻撃を受けやすくなります。

この他にも、病気を治すために体を温める方法は全て温熱療法と言えます。

つまり、温灸や温泉、遠赤外線ランプ、サウナなどは、古くから知られている温熱治療法です。

なかでも遠赤外線を発生する機会は、非常に有効な治療器と言えます。

遠赤外線は波長が長くて体の奥まで温まるので、この仕組みがあれば、それほど大掛かりなものでなくても効果が上がる可能性が高いのです。

遠赤外線は体を貫通する力が強く、体の表面だけでなく、体の奥を走る血管からリンパ管など、全ての臓器を治療することが可能です。

温熱療法とは簡単に言えば、体を温めればいいだけなので、お風呂や温泉、(遠赤外線の)コタツでじっくり温まるだけでも効果があります。

尚、1日のうち人が最も死亡する時間帯は午前3時から5時頃です。

これは、体温が低下することで免疫力も低下するためです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝